日本一の“10月男”内川聖一、ポストシーズン打率にファン驚愕

メジャーリーグではポストシーズンに強い選手のことを、ミスター・オクトーバー(10月男)と称える。選手にとってはこの上なく名誉な称号のひとつだ。

日本のプロ野球でも2007年から始まったクライマックスシリーズ(CS)が定着し、日本シリーズ進出を懸けたポストシーズンは毎年の恒例になっている。

日本版ミスター・オクトーバーで誰を思い出すか。それぞれ思い入れや思い出もあるだろうが、ソフトバンクの内川聖一選手は印象度でも実際に残した成績でも10月男と呼ぶにふさわしい活躍をしてきた。

常勝軍団に変貌したソフトバンクの中心選手として

2004年にパ・リーグのプレーオフ制度が復活したあと、しばらくは短期決戦で勝ちきれず日本シリーズ進出を逃したソフトバンクだが、2010年代に入ると一転して短期決戦に強さを発揮した。

常勝軍団に変貌を遂げたチームでクリーンナップを担い続けたのが内川選手だ。

2011年からソフトバンクに加入した内川選手は、卓越したバットコントロールと勝負強さで数多くの得点を演出し、すぐにソフトバンク打線で欠かせない存在になった。

短期決戦のポストシーズンにも強く、CSでは3度(2011年、2015年、2017年)のMVP獲得がある。日本シリーズでもチームが日本一になった2014年にMVPを獲得した。

古巣との対戦になった2017年の日本シリーズでは、第6戦でDeNAベイスターズの山崎康晃投手から、9回1アウトに起死回生の同点ホームランを放っている。

チームは延長戦で競り勝ち2年ぶり8度目の日本一に輝いた。

過去6度のポストシーズンで3度の打率4割

そうした内川選手の活躍が数字の面から紹介されたのは、10月27日に行われた日本シリーズ第1戦の最中だった。

広島カープとの日本一を懸けた試合途中に、テレビ中継で内川選手が出場した過去6回のポストシーズン打率が表示されたのだ。

2012年 .409
2014年 .304
2015年 .417
2016年 .360
2017年 .350
2018年 .455

6回中3回が打率4割超え。今季はシーズン後半に故障や不調で2軍行きを経験しながら、ポストシーズンに入ると持ち前の勝負強さを発揮して復活した。

日本を代表するミスター・オクトーバーの成績に野球ファンからも驚きの声が漏れた。

第1戦で左太ももに死球を受け途中退場した内川選手。日本一へ欠かせないベテランの回復状況が気になる。

≪関連記事≫

CSで苦しめられてきたソフトバンクが直近5年間で4度の日本シリーズ進出…ある選手の加入がカギ?

バズったツイートをももクロに捧げる男……ソフトバンク・石川柊太の愛

ソフトバンクのイケメン助っ人・グラシアル、CS最終戦で見せたセーフティバントが絶妙すぎる!ファンも思わず「惚れた」の声

大学屈指のクローザー・甲斐野央、最速159キロの速球を武器にプロ入りへ

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします