【天皇賞・春/前日オッズ】ディープボンドが単勝2.7倍の1人気、続く2人気にタイトルホルダーが入る

阪神競馬場で行われる第165回天皇賞・春(GI、芝3200m)の前日最終オッズは以下のとおり。

阪神大賞典を連覇した昨年2着馬のディープボンド(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)は単勝2.7倍で1番人気。2番人気に前走・日経賞を制した菊花賞馬のタイトルホルダー(牡4、美浦・栗田徹厩舎)で単勝5.2倍となっている。

また、3番人気に4連勝でダイヤモンドSを制したテーオーロイヤル(牡4、栗東・岡田稲男厩舎)が単勝7.0倍、4番人気にステイヤーズSと阪神大賞典で連続2着のアイアンバローズ(牡5、栗東・上村洋行厩舎)が単勝8.2倍、5番人気に前走・阪神大賞典で4着に入り2走前の万葉Sを制しているマカオンドールが単勝9.9倍(牡4、栗東・今野貞一厩舎)となっている。

単勝オッズ1桁台はここまでとなっている。

◆【天皇賞・春2022予想/穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“2桁”の惑星 「ガラリ一変の可能性あり」

■ディープボンドが人気の中心

単勝以外の馬券でも、1番人気のディープボンドが人気の中心となっている。

馬連では、(16)タイトルホルダー-(18)ディープボンドが4.9倍で1番人気となっており、馬単でも(18)ディープボンド→(16)タイトルホルダーが8.6倍で1番人気、(16)タイトルホルダー→(18)ディープボンドが11.5倍で2番人気、(18)ディープボンド→(1)アイアンバローズが12.2倍で3番人気、(18)ディープボンド→(5)マカオンドールが16.0倍で4番人気、(18)ディープボンド→(7)テーオーロイヤルが16.1倍で5番人気となっている。

3連単も(18)ディープボンド→(16)タイトルホルダー→(1)アイアンバローズが32.0倍で1番人気、(18)ディープボンド→(16)タイトルホルダー→(7)テーオーロイヤルが34.0倍で2番人気、(18)ディープボンド→(16)タイトルホルダー→(5)マカオンドールが43.6倍で3番人気となっている。

■30日・前日最終オッズ

人気 馬名 単勝
1 ディープボンド 2.7
2 タイトルホルダー 5.2
3 テーオーロイヤル 7.0
4 アイアンバローズ 8.2
5 マカオンドール 9.9
6 ヒートオンビート 17.6
7 ハーツイストワール 25.8
8 シルヴァーソニック 27.0
9 ロバートソンキー 31.2
10 タガノディアマンテ 34.7
11 ハヤヤッコ 38.0
12 ディバインフォース 48.6
13 マイネルファンロン 54.2
14 ユーキャンスマイル 62.8
15 メロディーレーン 65.4
16 クレッシェンドラヴ 74.7
17 トーセンカンビーナ 79.7
18 ヴァルコス 84.8

※出馬表・結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発表のものと照合し確認してください。

◆【天皇賞・春2022予想/穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の伏兵 「波乱の立役者はこの馬」

◆【天皇賞・春2022予想/追い切り診断】ディープボンドは“悲願達成”へ「A」評価 「ド迫力の動きを連発」

◆【天皇賞・春2022予想/データ攻略-後編】波乱の使者は重賞未勝利馬 追い風となる連対率「100%」の強力データ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします