【天皇賞・春/データ攻略-後編】波乱の使者は重賞未勝利馬 追い風となる連対率「100%」の強力データ

前編ではディープボンドタイトルホルダーのデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【天皇賞・春2022予想/データ攻略-前編】タイトルホルダーとディープボンドに明暗、気になる「ゼロ」データとは

【天皇賞・春/データ攻略-前編】タイトルホルダーとディープボンドに明暗、気になる「ゼロ」データとは

■データが導く2022天皇賞・春の穴馬候補は

<穴候補1 ヒートオンビート>

重賞で2着2回、3着2回と善戦が続くヒートオンビート。未知の距離かつGIではさすがに厳しいと思われるかもしれないが、ここで強調したいのは以下のデータだ。

・日経賞で上がり3F最速かつ馬券内【2-1-2-2】

フェノーメノ、ウインバリアシオンらが該当するデータ。昨年はワールドプレミア、カレンブーケドールの2頭が日経賞で上がり3F最速をマークしていたが、ともに本番で馬券内を確保した。直線急坂コースでの掲示板外は馬番ふた桁番だった京都大賞典に限定。鞍上の立ち回り次第でチャンスは十分と言えるだろう。

<穴候補2 マカオンドール>

前哨戦の阪神大賞典は4着。重賞の壁は厚いのか……今回は低評価に甘んじることが予想されるこの馬にもデータ面での後押しは存在する。

・松山弘平騎乗時の成績【4-1-0-0】

上記の成績が示すとおり、全4勝を松山弘平の手綱で挙げるマカオンドール。父ゴールドシップは稀代の癖馬だったが、この馬もまた特定の騎手でしか走らないタイプの癖馬なのかもしれない。スローの展開に泣いた前走から一転、今回はある程度行きたい馬が揃ったメンバー構成。変わり身の可能性は警戒したい。

◆【天皇賞・春2022予想/データ攻略-前編】タイトルホルダーとディープボンドに明暗、気になる「ゼロ」データとは

【天皇賞・春/データ攻略-前編】タイトルホルダーとディープボンドに明暗、気になる「ゼロ」データとは

▼その他、データ予想
◆【騎手データ】条件合致で驚異の“連対率100%”に 抜群の安定感を誇るジョッキーとは

【天皇賞・春/騎手データ】条件合致で驚異の“連対率100%”に 抜群の安定感を誇るジョッキーとは

天皇賞・春2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】テーオーロイヤルに2強を上回る「S」評価 「申し分のない仕上がり」

◆【A評価】ディープボンドは“悲願達成”へ「A」評価 「ド迫力の動きを連発」

◆【A評価】タイトルホルダーを上回る「A」評価の爆穴 「完成形へ達した」

◆【B評価】2強のうち1頭にまさかの「B」評価 「気持ちの面でブレを感じる」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“2桁”の惑星 「ガラリ一変の可能性あり」

◆【穴馬アナライズVol.2】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「父譲りのスタミナに期待」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の伏兵 「波乱の立役者はこの馬」

◆【危険な人気馬】「2強」崩しを目論む人気馬は“消し”評価 「追ってからの反応が鈍い」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】最多5勝「8枠」に有力馬揃い踏み タイトルホルダー8枠16番、ディープボンド8枠18番

◆【血統傾向】想定“下位人気”が単回収値「200」データに該当 「Hペースの消耗戦で浮上」

◆【脚質傾向】菊花賞馬タイトルホルダーに警鐘 理想ポジションは4角「2~5番手」

◆【前走ローテ】日経賞組は「3着以下」に警戒 ディープボンドは“当確”データに該当

◆【人気傾向】2人気は4年連続「4着」 1人気も単勝オッズ“1倍台”にも危険データ

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022天皇賞・春編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします