【天皇賞・春/追い切り診断】テーオーロイヤルに2強を上回る「S」評価 「申し分のない仕上がり」

■テーオーロイヤル

【中間調整】昨年秋に条件戦を3連勝。その勢いに乗って臨んだ今年2月のダイヤモンドSも2馬身半差の快勝を収め、破竹の4連勝で重賞初制覇を果たした。そこから2カ月半の間隔を取り、天皇賞・春への直行は予定通り。宇治田原優駿ステーブルでの放牧を挟み、3月26日に栗東へ戻っている。27日に初時計となる坂路15-15、4月3日も15-15と当初はゆったりとした調整ペースだが外厩で大方仕上げているため、これぐらいで問題ないということだろう。前走時も似たようなペースだった。4月6日から併せ馬を開始し、徐々に気持ちを乗せていく。1週前のCW追いではまったく楽な手応えのまま一気にギアを上げ、ラスト1F11秒1(馬なり)という圧巻の切れを見せた。

◆【天皇賞・春2022予想/追い切り診断】タイトルホルダーを上回る「A」評価の爆穴 「完成形へ達した」

【天皇賞・春/追い切り診断】タイトルホルダーを上回る「A」評価の爆穴 「完成形へ達した」

【最終追い切り】1週前の時点で負荷は十分。レース当週は坂路で菱田騎手が折り合いを確認する程度というのは前走時と同様だ。時計は平凡で前走時より遅いが、今回馬場状態がかなり悪かったことを考えれば問題ない。渋った馬場に脚を取られながらも失速せず、馬なりのまま後傾ラップを刻めたあたり非凡なパワーとスタミナの証明と言える。

【見解】外厩との連携が緊密に取れているようで、5カ月ぶりの4走前、そして3カ月ぶりの前走と休み明けでしっかり結果を残してきた。今回もそれを踏まえて、狂いのない調整ができている。2週前、1週前のCW追いで見せたド迫力の伸び、そして今週の落ち着きぶりと申し分のない仕上がり。ハンデ戦で54キロだった前走から、自身初経験となる58キロとなるのがどうかだが、デキの良さであっさり克服していい。“2強”以上の着順に期待。

総合評価「S」

◆【天皇賞・春2022予想/追い切り診断】ディープボンドは“悲願達成”へ「A」評価 「ド迫力の動きを連発」

【天皇賞・春/追い切り診断】ディープボンドは“悲願達成”へ「A」評価 「ド迫力の動きを連発」

◆【天皇賞・春2022予想/追い切り診断】2強のうち1頭にまさかの「B」評価 「気持ちの面でブレを感じる」

【天皇賞・春/追い切り診断】2強のうち1頭にまさかの「B」評価 「気持ちの面でブレを感じる」

天皇賞・春2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“2桁”の惑星 「ガラリ一変の可能性あり」

◆【穴馬アナライズVol.2】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「父譲りのスタミナに期待」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の伏兵 「波乱の立役者はこの馬」

◆【危険な人気馬】「2強」崩しを目論む人気馬は“消し”評価 「追ってからの反応が鈍い」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】タイトルホルダーとディープボンドに明暗、気になる「ゼロ」データとは

◆【データ攻略-後編】波乱の使者は重賞未勝利馬 追い風となる連対率「100%」の強力データ

◆【騎手データ】条件合致で驚異の“連対率100%”に 抜群の安定感を誇るジョッキーとは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】最多5勝「8枠」に有力馬揃い踏み タイトルホルダー8枠16番、ディープボンド8枠18番

◆【血統傾向】想定“下位人気”が単回収値「200」データに該当 「Hペースの消耗戦で浮上」

◆【脚質傾向】菊花賞馬タイトルホルダーに警鐘 理想ポジションは4角「2~5番手」

◆【前走ローテ】日経賞組は「3着以下」に警戒 ディープボンドは“当確”データに該当

◆【人気傾向】2人気は4年連続「4着」 1人気も単勝オッズ“1倍台”にも危険データ

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします