【MLB】大谷翔平、「3番DH」スタメン 4試合ぶりの9号アーチで「日米通算150本塁打」達成なるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は20日(日本時間21日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるオークランド・アスレチックス戦に「3番DH」で先発出場する。

大谷は前回18日(同19日)のテキサス・レンジャーズ戦に投打同時出場。勝敗つかずも、今季自身最速の100.8マイル(約162キロ)を記録するなど6回6安打7奪三振2失点と粘投した。エンゼルスは5-6で敗れて3連敗。首位ヒューストン・アストロズとのゲーム差は「1.5」となった。

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

■好相性の投手から9号なるか

相手先発のポール・ブラックバーンは今季7試合に登板して4勝無敗、防御率1.67。ここまで37.2イニングを投げて5四球と制球力に優れている。

前回14日(同15日)のダブルヘッダー第1試合で初対戦し、結果は3打数2安打1打点。右翼後方へのライナー性の二塁打と、左前打を放ったほか、惜しくもファウルになったポール際への大飛球もあり、本塁打も期待できそうだ。

15日(同16日)に8号を放った後、3試合で快音なしの大谷。しかし、最近6試合で28打数7安打、2本塁打、6打点と打撃好調だけに、4試合ぶりの9号で「日米通算150本塁打」達成への期待が膨らむ。

試合情報

エンゼルス-アスレチックス
試合開始:日本時間5月21日(土)10:38
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

◆「トラウト、大谷翔平との対戦は楽しいか」相手投手の答えは「絶対ノー」と断固拒否の姿勢

◆大谷翔平、“ゴジラ松井”超えの日本人最速「通算100本塁打」は打った瞬間確信の弾丸ライナー

◆大谷翔平、2試合連発の今季8号 飛距離130メートルの特大弾に実況「アメージング!」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします