【MLB】大谷翔平、「3番DH・投手」スタメン出場 リアル二刀流で今季5勝目と14号アーチなるか

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は16日(日本時間17日)、敵地Tモバイル・パークで行われるシアトル・マリナーズ戦に「3番DH・投手」で先発出場する。

大谷は前日のロサンゼルス・ドジャース戦で、9回1死からノーヒットノーランを阻止する三塁打を放ち、4打数1安打で打率を.259とした。連続試合安打を今季最長の「10」に伸ばし意地を見せたが、チームは1-4で敗れ目下3連敗と苦しい戦いが続いている。

◆【速報】5勝目の大谷翔平は「マウンドで輝いていた」 完勝呼び込む“エースの働き”を現地メディア称賛

■相手先発は今季デビューのカービー

相手先発のジョージ・カービーは今季メジャーデビューを果たした24歳右腕。ルーキーながら7先発で1勝1敗、防御率3.65と及第点の成績を残している。

大谷にとっては今季11度目のリアル二刀流となる。前回の投打同時出場時はボストン・レッドソックスを相手に7回4安打1失点の好投で4勝目をマークしただけではなく、12号2ランを放つなど4打数2安打2打点の大活躍でワンマンショーを繰り広げた。

現在ア・リーグ西地区3位のエンゼルスだが、4位マリナーズとはわずか0.5ゲーム差と接戦模様。二刀流で連敗中のチームを鼓舞したいところだ。

◆【速報】5勝目の大谷翔平は「マウンドで輝いていた」 完勝呼び込む“エースの働き”を現地メディア称賛

◆エンゼルス、大谷翔平の契約延長はどうなるのか いつまで「二刀流」を継続できるか算定困難

◆大谷翔平にドジャースフロントが熱視線 ネット裏で金満球団幹部が“二刀流”品定め

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします