カンボジア国民に「夢や希望を与えたい」本田圭佑、初勝利を目指して選手に指導

11月20日に行われるAFFスズキカップ(東南アジア選手権)に向け、カンボジア代表は本田圭佑GM(ゼネラルマネージャー)の下で、ラオス戦への準備を進めている。

本田選手はインスタグラムを更新して、「全選手がカンボジア国民に夢と希望を与えるため努力しています。彼らの努力が皆さんを幸せにできることを願っています」と、試合への意気込みを綴った。

 

View this post on Instagram

 

We are the Cambodian national team. All players are making efforts for giving dreams and hopes for Cambodian people. Hope their efforts make people happy. @ffc_official_ig

Keisuke Hondaさん(@keisukehonda)がシェアした投稿 –

プロサッカー選手と代表監督の両立という挑戦

今夏のFIFAロシア・ワールドカップ終了後、メキシコのパチューカを退団し去就が注目されていた本田選手は、世界でも珍しい挑戦を発表した。

現役選手としてオーストラリアのメルボルン・ビクトリーでプレーを続けながら、カンボジア代表のGM兼実質的な監督として指揮を執るというものだ。

 

View this post on Instagram

 

A great night with kids and all fans. @gomvfc

Keisuke Hondaさん(@keisukehonda)がシェアした投稿 –

登録上の監督はアシスタントのフェリックスさんになっているが、代表期間中は選手たちへの指導や試合での采配を本田選手が行う

インスタグラムに投稿された動画でも本田選手は、戦術ボード片手にピッチで選手たちに指示を出し、自身が目指すサッカーをチームに浸透させようとしていた。

本田監督が就任してからのカンボジアは1分け4敗で未勝利。まだ勝ちがない。今度こその思いがあるチームにファンからも応援の声が寄せられている。

  • 一人一人の努力が合わさって素晴らしいteamに成長していきますように
  • 本田監督、頑張ってください
  • 一生懸命な姿いいですね!
  • 勝ってほしい。本田監督の力信じてます

FIFAランクで見るとカンボジアが170位(アジア36位)、対戦相手のラオスが181位(アジア37位)で拮抗している。近い実力を持ったチーム同士の接戦が予想される。

≪関連記事≫

本田圭佑、カンボジア代表監督としての目標は2つ…初陣に向けて準備

槙野智章、ロシアW杯時の”散歩隊”写真を公開…本田圭佑の散歩姿に反響

本田圭佑、セネガルの弱点を見つける「すでに分析した」

本田圭佑がW杯3大会連続アシスト!日本代表がコロンビア戦で成し遂げた2つのアジア初

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします