【動画】大坂なおみ、金色のドレスで恥ずかしがりながらぎこちなく一回転も、会場からは拍手!

資生堂が11月20日、グランドスラム女子シングルスで日本人初の優勝を飾った大坂なおみ選手とブランドアンバサダー グローバル契約を締結した。 

同日都内で記者発表会が行われ、大坂なおみ選手が登壇。美容やファッションなどのこだわり、テニスにおける肌のケアで気にかけていることなどを語った。

金色のドレスを着て登場

第一弾として、資生堂の商品であるサンケアブランド「アネッサ」と、ミネラルコスメブランド「ベアミネラル」のブランドアンバサダーとして商品の魅力を伝えていく。

発表会で大坂選手は、自身の好きな色だという金色のドレスを着て登場。化粧もきっちりと決め、「メイクはすごく好きですがやり方は勉強中なので、今日はプロの方にしてもらいました」とニコリ。

恥ずかしがりながら一回転

モデルのように一回転することを求められると、恥ずかしがりながらぎこちなく一回転。会場からは拍手が沸き起こった。

来年の抱負は…?

巨大な「アネッサ」の模型に大坂選手は「Hope to do well next year and have fun(来年も良い結果が出せるように、そして楽しい一年になるように)」と来年の抱負を記入。

飛躍の年となった1年だったが、来年も躍進を続けていく決意を明らかにした。

お母さんもよく利用していた資生堂製品

アンバサダーの就任については「母がよく資生堂の商品を使っていたことを覚えている。ブランドのアンバサダーとして活動できて嬉しい」と発言。この日はサンケア商品を1年分贈呈された。

練習では5時間以上直射日光にさらされることも

普段は日射しの強いフロリダが練習環境のため、練習では5時間以上直射日光にさらされることもあるという。紫外線対策は不可欠だ。「お肌を守ることは重要だし気にしています。すぐにしわ、しみになると困るので、未来も綺麗な肌をキープできたら……」と左頬に軽く触れながらはにかんだ。

普段も資生堂製品を使用しており、「スムーズで、保湿剤のように感じます。私は敏感肌なので、そういう人にも好評だと思う」と製品の試用感を明らかにしていた。

《関連記事》

大坂のインタビューがかわいい…錦織圭は「マイ センパイ(先輩)」

岡修造が語る大坂の「なおみキャンドル」…全米オープンは、無双するか否かの二択

松岡修造が大坂にインタビューする様子がカオス

大坂、荒れた試合を乗り越え全米オープン優勝!「なおみちゃん可哀想」の声も

大坂が愛らしい…「ラスボス」相手に「I love you」