ただでは終わらない甲斐キャノン!?持っている男「甲斐拓也」

10月9日から始まった日米野球は16日のナゴヤドームで全日程を終了した。

この大会で話題を生んだ選手の1人は、ソフトバンクホークスの甲斐拓也選手ではないだろうか。

まるで漫画の主人公

甲斐選手は大分県の楊志館高校出身。高校通算40本塁打を記録する長打力とスローイング能力は、甲子園未出場ながらも当時からスカウト陣に注目されていた。

2010年のドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスに育成6位で指名され入団するも、プロ入り後しばらくは目立った成績を残せない日々が続いた。

甲斐選手がブレイクし始めたのは2017年のシーズンだ。登録名を「拓也」から「甲斐拓也」に変更したことによって心機一転。スタートダッシュに成功し、ゴールデングラブ賞とベストナインの2タイトルを獲得している

この活躍が認められ、アジアプロ野球チャンピオンシップ日本代表にも選出された。

2018年シーズンも彼の躍進は止まらない。ペナント(リーグ戦)では打率.213と思うような結果が出ない日々が続くが、捕手として12球団で唯一の盗塁阻止率4割越えを記録し、チームの度重なるピンチを救ってきた。

日本シリーズでも打撃不振は続き、打率.143と苦しむ。しかし「甲斐キャノン」と呼ばれる強肩を武器に、シリーズ新記録の6連続盗塁阻止という大記録を成し遂げ、大いにファンを魅了した。

結果的に、育成選手初の日本シリーズMVPを獲得。プロ野球史に名を残した。

たとえ成績不振に陥ったとしても違う分野でチームの勝利に貢献する甲斐選手に対し、「まるで漫画の主人公のようだ!」「シンデレラボーイだ!」といった声が上がっている。

日米野球でも主人公ぶりを発揮

日本シリーズでは打撃不振でスランプに陥ったと思われた甲斐選手。

ファンの間からは心配の声も上がっていたが、そんな不安を打ち消すかのように日米野球では結果を残した。眠りから覚めたかのように鋭い当たりを連発し、打率は5割越えを記録。

(c)Getty Images

また、日米野球第3戦の試合前には、メジャーNo1キャッチャーと言われているヤディアー・モリーナ選手と自らコミュニケーションをとりにいく場面も。

憧れの選手との会話後には、モリーナ選手直筆のメッセージが入ったキャッチャーミットとバットをプレゼントされている。

ミットに関してはモリーナ選手が自ら交換を提案。甲斐選手もそれに応じてミット交換が実現すると、ファンは大いに盛り上がった。

 

View this post on Instagram

 

takuya kai !!! Catcher !!japan team

Yadier Molinaさん(@yadier_marciano_molina)がシェアした投稿 –

試合の内外でファンを楽しませてくれる甲斐選手は、人を惹きつける何かを持っているのかもしれない。今後も持ち前の主人公ぶりを魅せてくれることを期待したい。

≪関連記事≫

日本シリーズMVP甲斐拓也、入団1年目は「スローイング以外ほぼ素人」だった?大西宏明が秘蔵写真を公開

甲斐キャノンに封じられた広島カープ、実は盗塁が得意じゃなかった?

【日本シリーズ】“甲斐キャノン”にガンダムファンが反応……ガンダムの兵器「ガンキャノン」から命名?

日米最強捕手が集合!侍ジャパン捕手陣とモリーナが肩組み4ショット

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします