日米最強捕手が集合!侍ジャパン捕手陣とモリーナが肩組み4ショット

西武ライオンズの森友哉選手がインスタグラムを更新して、日米野球時に撮影した豪華4ショットを公開した。

写真に写っているのは森選手のほかに甲斐拓也選手(ソフトバンクホークス)、會澤翼選手(広島カープ)、そしてヤディアー・モリーナ選手(セントルイス・カージナルス)の4人。

侍ジャパンの捕手3人とメジャーリーグ最強捕手が一堂に会した瞬間だ。

 

View this post on Instagram

 

2018年終了!! 長いようで短かった 色々な経験ができた 来年も頑張ろ!! あざした!!

森友哉さん(@tomoyaaa0808)がシェアした投稿 –

モリーナ選手は森選手と甲斐選手の肩に手を回し、肩組みでカメラに笑顔を向けている。

森選手はモリーナ選手の背番号4が入ったカージナルスのユニフォームを着て、親指を立てるサムズアップのポーズとともに嬉しそうな顔を見せた。

日米最強捕手の集合にファンからも興奮の声が寄せられている。

  • おわあああああ!!!!写真撮れてよかったですね
  • 森ーナ目指して来年も頑張れっ!!
  • 日本の森ーナになってください!
  • モリーナ選手、最初見た目がイカツイなぁと思いましたが(笑)、実際は気さくな感じだし、カッコイィし、素敵でしたね

現役最強捕手ヤディアー・モリーナとは?

プエルトリコ出身のモリーナ選手は3兄弟の三男で、兄2人も捕手でプロ入りを果たしている野球一家の出身。

2004年にメジャーリーグ昇格を果たすと、翌2005年には114試合に出場して盗塁阻止率.641のハイアベレージを残す。

今年の日本シリーズMVPを獲得した甲斐選手が、レギュラーシーズンで残した盗塁阻止率は、12球団トップの.447だった。2位の髙谷裕亮選手が記録した.385を大きく引き離す強肩ぶりだが、それでも5割を超えるのは難しい。

(c)Getty Images

モリーナ選手は100試合以上出場したシーズンに限っても、盗塁阻止率5割超えを2回、4割超えは9回達成している。

それに加えて投手から絶大な信頼を得るリードセンス、ボール球をストライクと言わせてしまう魔法のようなキャッチング技術を駆使し、ゴールドグラブ賞を通算9度受賞してきた。

誰もが認める現役最強捕手のプレーを間近で見た森選手が、来年以降この経験をどう活かすか期待していきたい。

≪関連記事≫

日本シリーズMVP甲斐拓也、入団1年目は「スローイング以外ほぼ素人」だった?大西宏明が秘蔵写真を公開

甲斐キャノンに封じられた広島カープ、実は盗塁が得意じゃなかった?

甲斐キャノンから盗塁を決めた鈍足選手……重戦車アマダーVS甲斐拓也を思い出す

【日本シリーズ】“甲斐キャノン”が炸裂するたびにパ・リーグ盗塁王の日本ハム・西川遥輝の評価が上がっていく?