「将来の首相に」と推す声も…女子テニス・アンゲリク・ケルバーがドイツのメルケル首相と対面

2018シーズンの女子プロテニスツアー最終戦「WTAファイナルズ」に出場したドイツのアンゲリク・ケルバー選手が11月20日、インスタグラムを更新。

スポンサー契約を結んでいるドイツ大手IT企業「SAP」のイベントにて、ドイツのメルケル首相と会話を交わす様子を公開している。

「what an honor to meet Chancellor Angela Merkel(アンゲラ・メルケル首相とお会いできて光栄だわ)」と、実に13年もの間、祖国ドイツを率いてきたリーダーとの出会いの感想を述べているケルバー選手。

ファンからは、ケルバー選手を将来の首相に推す声などが寄せられている。

  • Kerber for Bundeskanzler!!!!(ケルバーをドイツの首相に!!!!)
  • You might become German chancellor yourself(あなたこそドイツの首相にふさわしい)
  • She’d have been honoured too. Hope you got a selfie(メルケル首相こそあなたに会えて光栄だったかもね。自撮りはしていないのかい?)
  • Two incredible German ladies(インクレディブルなドイツの女性2人が揃い踏みだね)
  • Angie it’s honour for Chancellor Angela Markel to meet you as well.(アンゲリク、メルケル首相の方こそキミに会えて光栄だったろうさ)

アンゲリク・ケルバーがスポンサー契約を結ぶ「SAP」は最先端のスポーツIT企業

今回ケルバー選手がメルケル首相と会ったのはパートナーシップ契約を結ぶ「SAP」というIT企業のイベントだったが、そもそもなぜIT企業がテニスプレイヤーと契約を結んでいるのだろうか。

その秘密は「スポーツIT」という言葉だ。テニスに限らず、いま世界のスポーツシーンでは最先端IT技術の導入が積極的に行われている。

 

View this post on Instagram

 

Let’s Go @Angie.Kerber! Keep adding to that 🏆 collection! 🎾 @wta

SAPさん(@sap)がシェアした投稿 –

錦織圭選手を指導するマイケル・チャンコーチ、そして大坂なおみ選手が信頼を置くサーシャ・バインコーチなど、テニスの世界ではコーチと選手との関係性が重要視されている。

ここに更に最先端のIT技術を用いたリアルタイム分析が導入されることで、コーチからの指導がより客観的かつ理論的に行われるようになり、選手の技術がより向上していくと期待されているのだ。

ケルバー選手は2017年にSAPと契約。2018年シーズンにはグランドスラム4大大会のうち3大会でベスト8以上、うちウィンブルドンでは優勝を果たすなど結果を残している。

 

View this post on Instagram

 

W 🏆 M B 💪🏼 E D 😍 N !!! Thanks so much for the ❤❤❤ #TeamAngie #NeverStopDreaming

Angelique Kerberさん(@angie.kerber)がシェアした投稿 –

今後スポーツの世界ではIT技術の導入がより一層進んでいくと予想されている。トップアスリートたちの競技力に科学の力が加わることでどのような変化がもたらされるのか、注目していきたい。

≪関連記事≫

大坂なおみの愛らしさ、資生堂との契約発表会でも各場面にチラリ

【動画】大坂なおみ、金色のドレスで恥ずかしがりながらぎこちなく一回転も、会場からは拍手!

女子プロテニスのキャロライン・ウォズニアッキ、今年初めての雪に「キャンディストアにきた子どものように」はしゃぐ!

熱狂的リヴァプールサポーターのウォズニアッキ、スタジアム観戦と愛するチームの勝利を報告!

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします