【今週の決戦】大谷翔平世代の対決を制するのは… DeNA佐野恵太 vs. 阪神・藤浪晋太郎

貯金6の2位・横浜DeNAベイスターズと借金2で3位・阪神タイガースによる2連戦は横浜が舞台。首位打者を争う男と復活した右腕の対決に注目したい。9日の第1戦、1994年生まれの“大谷世代対決”だ。

◆【今週の決戦】同期・慶応大学出身の同門対決、軍配はどちらに… オリックス渡部遼人 vs.ソフトバンク正木智也

■対戦成績は12打数4安打で佐野恵太に分あり

DeNAの1994年生まれは、佐野恵太

岡山県出身で広陵高校は甲子園出場なし。明治大を経て2016年のドラフト9位でプロ入り。3年目の2019年にレギュラーに定着し、2020年に打率.328で首位打者を獲得。今季もここまで110試合に出場してリーグ3位の打率.317(18本塁打、60打点)をマークしている。

現在リーグ1位の村上宗隆の打率.339とは2分2厘差があるが、今週は前カードの巨人戦3試合で打率.400(10打数4安打)をマーク。このまま一気に調子を上げたいところだ。

対する阪神の1994年生まれは、藤浪晋太郎

大阪府出身で、大阪桐蔭高校では3年時にエースとして春夏連続で甲子園優勝。この世代を代表する投手としてもっとも期待されたひとり。

2012年のドラフト1位でプロ入りし、高卒1年目から3年連続で2ケタ勝利をマークした。その後、制球難で不振に陥り、苦難の時が長く続いたが、中継ぎ登板、2軍調整を経た今夏に復活。8月20日、27日と2試合連続で7回1失点の好投で2連勝を挙げるなど、8月は4試合に先発して2勝1敗、防御率1.65の好成績をマークした。前回9月3日の巨人戦では6回5安打3失点で黒星を喫したが、今季初登板となるDeNA戦で改めて自身の“力”を証明したいところだ。

ともに中学時代からU-15日本代表に選出されるなど、早くから期待されていた逸材。両者の過去の対決は、2018年が5打数2安打、2021年に7打数2安打。その他のシーズンに対戦はなく、計12打数4安打の打率.333。果たして今季初の「佐野 vs. 藤浪」はどのような対決になるのか。

大谷世代の真っ向勝負に期待したい。

◆奇跡の逆転優勝か、大外逃げ切りか、ペナントを占う“横浜対東京”天王山 鍵はDeNA牧秀悟 vs. ヤクルト山田哲人

◆“奇跡の逆転優勝”を狙うDeNAと阪神の3連戦 鍵は大山悠輔 vs. 宮﨑敏郎の5番対決

◆首位攻防戦を占うは阪神・中野拓夢 vs. ヤクルト塩見泰隆のリードオフマン対決

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします