モドリッチのスパイクは「マーキュリアルヴェイパー12」過去には「11」を着用した時期も

世界中のサッカープレイヤーの中でも、世界屈指の技術を持っているルカ・モドリッチ選手。

彼がボールを持つとピンチがチャンスに変わるといわれるほど、素晴らしい技術がある。モドリッチ選手自身の技術が素晴らしいのは当然だが、それを支えているのは彼が着用しているスパイクではないだろうか。

モドリッチ選手は「NIKE マーキュリアルヴェイパー12エリートFG」や「NIKE マーキュリアルヴェイパー11」を着用しているといわれている。

インターネットで検索すると、11なのか12なのかサイトによって見解が異なる。おそらく今履いているスパイクは「ヴェイパー12」だろう。その証拠に、モドリッチ選手のインスタグラムを見てほしい。

 

View this post on Instagram

 

#IznadSvihHrvatska 💪🏻🇭🇷

Luka Modricさん(@lukamodric10)がシェアした投稿 –


この写真から分かるように、スパイクのアッパー部分にナイキのロゴが印刷されている。実はヴェイパー11にもナイキのロゴが印刷されているのだが、ロゴの位置が異なる。

(c)Getty Images

ヴェイパー11は中央から外側に向けてロゴが展開されているのに対し、ヴェイパー12はロゴの中央がスパイクの中央部分に来ている。

インスタグラムの写真を見る限りでは、ナイキのロゴがスパイクの中央部分に印刷されていることからヴェイパー12だと判断できるだろう。

ヴェイパー12に履き替えたのはロシアW杯直前?

では、いつヴェイパー11からヴェイパー12に履き替えたのかについて見ていこう。

(c)Getty Images

2018年5月1日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ2017-2018準決勝第2戦、レアル・マドリードvsバイエルン・ミュンヘンの試合では、モドリッチ選手はヴェイパー11を着用していたことが分かっている。

ロシアW杯では、モドリッチ選手はヴェイパー12を着用していたという情報があることから、大会直前に履き替えたのではないだろうか。

スペシャルエディションのスパイクを使用したことも

モドリッチ選手は普段履いているスパイクではなく、スペシャルエディションのスパイクを履くこともある。

例えば、2018年10月2日に行われたUEFAチャンピオンズリーググループGで行われたCSKAモスクワvsレアル・マドリードの試合。この日の試合前練習では、「ヴェイパー12エリート」のゴールド×ブラックといった市販されていないモデルのスパイクを着用した。

≪関連記事≫

モドリッチの背番号は10!19や14をつけてプレーしていた頃のエピソードも紹介

モドリッチに顔が似ている人といえば?元オランダ代表のあの人や、ハリー・ポッターのあの妖精…

モドリッチの凄さとは、圧倒的な技術力の高さ!柴崎やイニエスタとの比較から解説

モドリッチの印象的なヘアースタイル…過去には短髪だった経験もあり!ヨハン・クライフとの共通点も

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします