【超RIZIN】朝倉未来がメイウェザー公開練習を一蹴「太鼓の達人みたい」 大一番は「喧嘩だと思ってる、根性でいく」

「超RIZIN」でメイウェザーとエキシビションで対戦する朝倉未来(撮影:SPREAD編集部)

25日に開催される「The Battle Cats presents 超RIZIN(スーパーライジン)」のメインイベントで、ボクシング元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザーと対戦する朝倉未来が23日、都内で試合前インタビューに応じた。

◆【超RIZIN】「メイウェザーvs.朝倉未来」格闘家たちの試合展開予想まとめ、大会概要・ルール、戦績、体格差

■「顔がボコボコになっても…」

(撮影:SPREAD編集部)

前日はメイウェザーが公開練習に寝坊で遅刻。約1時間遅れで姿を見せると、1~3分が主流の公開練習で20分以上もパンチを打ち続けるなど、すべてにおいて“規格外ぶり”を発揮した。

これについて朝倉は「見ました、見ました。太鼓の達人みたいでしたね」と一蹴。試合当日のルールについても言及し「足を上げるのもだめ、投げてもだめだし、フェイントすらダメ。本当にピュアなボクシングだけというルールになった。びびっちゃったんじゃないっすかね? 想定外でした」と率直な思いを口にした。

今大会は海外向け配信の都合もあり、昼過ぎに試合実施という変則スケジュールだが「もともと朝練なので、夜よりも(昼の試合が)いい」と余裕の表情。大一番直前でも「(試合展開は)やってみないと分からないですね」と平常心をアピールした。

しかし、その後には「(今回は)喧嘩だと思ってるんで、気合いっすね。技術うんぬんじゃ勝てないんで、根性でいこうと思ってます」「顔がボコボコになっても、強力なのを入れたい」と“本音”も吐露。

メイウェザーに対しては「甘く見てると思うから、自分が思っているほど楽な試合にはならない」と宣戦布告。そのスケールの大きさでリング内外を沸かせてきた“路上の伝説”は、全世界に爪痕を残せるか。

◆【超RIZIN】朝倉未来の左ストレートはメイウェザーに届くのか 「被弾覚悟」で臨む“世界的一戦”を分析

◆【超RIZIN】メイウェザー、1時間23分大遅刻の公開練習 朝倉未来戦でのKOは「気分次第」

◆【超RIZIN】9月25日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

文・工藤愛梨(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします