レジェンドたちも涙、5世代を生き抜いたロジャー・フェデラー引退の瞬間 「何世代にもわたってプレーしたかった」 

好敵手そして盟友ナダルと最後の試合を戦うフェデラー(左) (C) Getty Images for Laver Cup
好敵手そして盟友ナダルと最後の試合を戦うフェデラー(左) (C) Getty Images for Laver Cup

ロンドンの夜、ジャック・ソックが打ち抜いたフォアハンドが、四半世紀におよぶロジャー・フェデラーの競技生活に終止符を打った。

今この瞬間から、フェデラーは選手としてではない日々を歩き出している。

約1年3カ月ぶりに試合に戻ってきたスイスのスーパースターは、一回りシャープになった身体に、ここ数年悩まされた右ひざを補助するテーピングは一切ない。滑らかな動きで華麗なボレーを決めれば「ゴージャス」と称賛され、思ったようにプレーできると笑みをこぼした。同じコートには盟友であり最高のライバルであるラファエル・ナダル。そして現在、世界の最先端をいくトッププレーヤー達に囲まれ、41歳のレジェンドはコートを去った。

◆【実際の映像】ジョコビッチの涙ながらに語るファイナル・メッセージ「なんて美しい瞬間なんだ」

■23歳でメジャータイトルを獲得 その後に生まれたビッグ4

思い返せば2003年の初夏、フェデラーはテニスの聖地ウィンブルドンで初のメジャータイトルに輝いた。肩くらいまでの髪を結び、力強くコートを蹴っては豪快なストロークを左右に散らす。大きく一歩を踏みだしネット付近から叩きつけるオーバヘッドは、コートに穴をあけてしまいそうなほど。「20代の頃は、みんなボコボコにしてやるぞ。みたいな感じでギラギラしていたんだ」と、そこにはまだ少し腕白なフェデラーがいた。

当時、男子テニスを牽引していたのは同い年のレイトン・ヒューイット(オーストラリア)や、ファン・カルロス・フェレーロ(スペイン)、そしてアンディ・ロディック(アメリカ)やマラト・サフィン(ロシア)。ニューボールズ世代と呼ばれていたメンツと共に先頭を競い合っていた。このなかを掻き分け2004年には全豪を制覇。その頃から意識的に長年プレーすることに決断を下したとも言われている。

フェデラーによると「テニスにおける一世代は10年、15年と続かない。5年おきに次の世代が来るんだよ」と時代の移り変わりの速さを説いてきた。この話からすると彼は実に5世代にわたってテニスの歴史に歩みを残す。

「ずっと何世代にもわたってプレーするのは楽しいはずだと思っていたんだ。今はもう新しい選手が出てきていて、若い人たちに僕みたいな年長者とプレーするチャンスをあげたいなって思っていた」

その想いがこの伝説の序章になったのか、2004年の全豪後、No.1へと上り詰めると310週にわたって王座をキープ。その背を追いかけるように現れたのが、今回レーバーカップで同じコートに立ったラファエル・ナダルであった。その年のマイアミ・オープンから始まった戦いは40回の死闘を繰り広げ、時には「世紀の一戦」と呼ばれ、時にはスポーツを超えたライバル関係に高貴さを感じられた。

この二人の関係に、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)とアンディー・マリー(イギリス)の台頭が加わり2012年以降は本格的にビッグ4時代に突入したと言われている。今では4人合わせると66個のメジャータイトルを持つ、正に黄金世代だった。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします