【ブンデスリーガ】鎌田大地、攻守に躍動しブンデス公式MOM選出 “日本の司令塔”がPK2発で自己最多リーグ6点目

2ゴールの活躍でブンデスリーガ公式のMOMに選出された鎌田大地 (C)Getty Images

ドイツ・ブンデスリーガフランクフルトに所属するサッカー日本代表MF鎌田大地は、15日に行われた第10節のバイヤー・レバークーゼン戦に先発出場。2ゴールを挙げる活躍で5-1の勝利に貢献した。

◆【実際の映像】鎌田大地、“蹴り直し”のPKにも動じず ゴール右へ蹴り込んだ今季5点目となる先制弾 

■今季6ゴール3アシストと絶好調

今季から起用されているボランチの位置に入った鎌田は、中盤でゲームを組み立てながら守備ではハードワークし、最終局面で積極的にゴール前に顔を出すなど、攻守に渡りアグレッシブなプレーを見せる。

そんな中、前半終了間際にペナルティキックのチャンスを得ると、蹴り直しのキッカーとして登場し、ゴール右へ先制弾となるゴールを決める。後半に入ると、フランクフルトが猛攻を仕掛けゴールショーを展開。後半27分にこの試合2つ目のPKを得ると、再び鎌田がゴール左へチーム4点目を奪った。

この試合の鎌田に対して、ブンデスリーガ公式は「鎌田のPKによる2ゴールでバイヤー・レバークーゼンを撃破」と紹介し、マン・オブ・ザ・マッチにも選出。また、鎌田のスタッツについても合わせて紹介している。

「日本代表はすでにリーグ戦で6ゴールを挙げており自己最多を更新した。さらに、彼は最多のボールタッチ数(77)、最多タックル数(25)、そしてチーム最多の走行距離(11.1km)を記録した」

鎌田は今季リーグ戦で9試合に出場し6ゴール3アシストとチームをけん引し、1カ月後に迫るカタール・ワールドカップでも活躍に期待がかかる。“日本の司令塔”がドイツの地でさらなる進化を遂げている。

◆【実際の映像】鎌田大地、“蹴り直し”のPKにも動じず ゴール右へ蹴り込んだ今季5点目となる先制弾 

◆堂安律、決勝点に地元紙も「手も足もでない存在」と絶賛 今季2度目のベストイレブン 

◆冨安健洋、リバプール相手に記録した驚異のスタッツ 指揮官も高評価「望んでいたことを遂行した」

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします