【チャレンジカップ】128点差負けを喫した対オールブラックス戦から27年 ラグビー日本代表は一矢報いるのか、その勝機を探る

2011年W杯、日本は7対83とやはり大敗を喫した (C) Getty Images
2011年W杯、日本は7対83とやはり大敗を喫した (C) Getty Images

■オータム・ネーションカップではイングランド、フランスと対戦

29日の試合の後、ジャパン、オールブラックスともに欧州で開催されるオータム・ネーションズシリーズに向けて遠征する。ジャパンは11月12日にイングランド、20日にフランスとの試合が予定されている。オールブラックスに続き、優勝候補3チームとの連戦となる。一方のオールブラックスは、6日にウェールズ、14日にスコットランド、19日にイングランドと対戦する。

そのほかにも、本番でジャパンと同じプールに入ったアルゼンチンがイングランド、ウェールズと対戦するほか、やはり同プールで評価が上がってきたサモアのイタリア戦もある。いったい世界の勢力図はどうなっているのか、ラグビーファンは目が離せない1カ月となる。

◆【ラグビーW杯】オールブラックス絶不調 本命不在で混沌とする2023年フランス大会

◆元オールブラックス ダン・カーター氏 日本に「勝機ある」「フィジカルで引いてはいけない」

◆【ラグビー】世界ランキング、フランスが初の1位 日本は10位

著者プロフィール

牧野森太郎●フリーライター

ライフスタイル誌、アウトドア誌の編集長を経て、執筆活動を続ける。キャンピングカーでアメリカの国立公園を訪ねるのがライフワーク。著書に「アメリカ国立公園 絶景・大自然の旅」「森の聖人 ソローとミューアの言葉 自分自身を生きるには」(ともに産業編集センター)がある。デルタ航空機内誌「sky」に掲載された「カリフォルニア・ロングトレイル」が、2020年「カリフォルニア・メディア・アンバサダー大賞 スポーツ部門」の最優秀賞を受賞。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします