ベガルタ仙台・関口訓充、NEWSの曲『生きろ』の歌詞に共感「どん底にいたってやり直せる」

元日本代表で、ベガルタ仙台に所属する関口訓充選手が、12月24日に自身のツイッターを更新した。男性アイドルグループ・NEWSの24作目となるシングル『生きろ』という曲に感銘を受けたことを報告している。

ベガルタ仙台と2019シーズンの契約を更新したばかりの関口選手。1985年12月26日生まれで、もうすぐ33歳を迎える。サッカー選手としての引退を考えることもあったのだろう。

「どん底にいたってやり直せるだろ」

関口選手は「俺はサッカー選手として引退かもという局面になって頑張ろうとなるけどすぐ負けそうになる…けどサポーターの応援が俺の道しるべとして勇気をくれて…どん底にいたってやり直せるだろ…みんなの応援を燃え尽きるまで頑張ろうと!一人で共感してる…」とツイート。

NEWSファンからは「なんて幸せなのか…」との声も

引退が脳裏をよぎっても、サポーターの応援が現役続行の勇気を与えてくれている…と明かした関口選手。同曲の「敗北を知ったって 0(どん底)にいたって またやり直せるだろ?」といった歌詞に共感したようだ。

当ツイートにはNEWSファンからも多数の反響が届いている。

《関連記事》

内田篤人の鍛え上げられた筋肉…体重は軽めで身長も平均的だが、怪我克服のため肉体改造を繰り返す

うっちーこと内田篤人がひたすらかわいい…試合中・プライベートの画像で振り返る

塩谷司、クラブW杯で3年越しのリベンジ達成!

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします