塩谷司、クラブW杯で3年越しのリベンジ達成!

日本時間18日、アブダビ(アラブ首長国連邦)においてクラブW杯準決勝が行われた。準決勝では開催国王者のアル・アインと南米大陸王者のリーベルプレートが対戦。PK戦の末、アル・アインが勝利を手にした。

アル・アインはUAEの強豪チーム。アフロヘアーがトレードマークのUAE代表オマル・アブドゥラフマン選手や、元鹿島アントラーズのカイオ・ルーカス・フェルナンデス選手も所属している

(c)Getty Images

(c)Getty Images

そんな中東のチームで、サポーターから愛されている日本の選手をご存知だろうか。その選手とは、元サンフレッチェ広島の塩谷司選手だ。

塩谷選手は日本代表にも選出された過去を持つ、経験豊富なディフェンダー。

クラブW杯において塩谷選手は、初戦のオセアニア王者チームウェリントン戦において積極的に攻撃参加し、1ゴールを挙げた。

続く南米王者リーベルプレート戦では1アシストを記録し、チームの勝利に大きく貢献した。

塩谷選手は本大会以前もクラブW杯に出場経験がある。2015年当時、サンフレッチェ広島に所属していた塩谷選手は準決勝でリーベルプレートと対戦し敗北。

ファンからは、塩谷選手が今回の勝利でリベンジを果たしたことを称える声が数多く挙がった。

この活躍で塩谷選手はメディアから大きく取り上げられたが、ファンからは意外なコメントも寄せられていた。

移籍をしていたことさえ知らなかったファンも

日本のサッカーファンは中東のサッカーを見る機会が少ない。塩谷選手にスポットライトが当たる場面は、他の海外選手に比べると少なくなりがちだ。

また、塩谷選手は、2017年の11月には自身のインスタグラムで手術をした旨を報告をしている。手術の影響があり、約2か月間サッカーを離れてリハビリに励んでいたことも要因の一つではないだろうか。

 

View this post on Instagram

 

I’ve just finished the surgery. After I get recovered, I’ll be stronger than before and come back to the team.

Tsukasa Shiotaniさん(@sio12533)がシェアした投稿 –

今も古巣や元チームメイトを気にかける

塩谷選手は度々自身のツイッターやインスタグラムにおいて、サンフレッチェ広島の試合を観戦した写真や、元チームメイトと交流する写真などを投稿している。

代表復帰も噂される

クラブW杯での活躍を観たファンからは、塩谷選手を日本代表に招集するべきではないかという声が挙がっている。

現在30歳とベテランの域に達してきた塩谷選手。同じディフェンダーとして日本代表でプレーする長友選手は現在32歳であるため、今後の活躍次第では十分に代表復帰も考えられる。今後の活躍に注目だ。

≪関連記事≫

鹿島、アジア制覇のセレモニーで見せた姿に感動の声……”チーム”として戦う絆

昌子源、今冬海外クラブへ移籍か?過去には5億円の移籍金を提示されるも海外移籍は成立せず

昌子源とクラブW杯…レアル・マドリードとの再戦前に見せた修正力

レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします