Advertisement

【ダカール・ラリー】11日目 サインツ、またもクラッシュで一時ヘリ搬送 ローブ逆襲でトヨタの牙城を崩し3位浮上

【ダカール・ラリー】11日目 サインツ、またもクラッシュで一時ヘリ搬送 ローブ逆襲でトヨタの牙城を崩し3位浮上
突如、砂漠に現れた大河の中を突き進むラリー・マシン (C) A.S.O./E.Vargiolu/DPPI

世界ラリーレイド選手権(W2RC)開幕戦ダカール・ラリー2023は10日、安息日をはさんで11日目を迎えステージ9が行われた。サウジアラビアの首都リヤドを後にペルシャ湾へと進路を取り、ハラドを目指すコースは、総走行距離686km、スペシャル・ステージ(SS)は358km。本大会でもっとも短い走行距離ながら、大砂漠の中に信じられない川が現れ、ライダーたちによれば「本大会、もっとも危険なコース」と化した。帯同するオフィシャル・カーでさえ川にはまり、立ち往生するシーンまで見られるほど。

◆10日目 ローブ、ペテランセル、サインツと大クラッシュの大波乱が続く2023年 後半の空白地帯で待ち受けるドラマは…

■一時、ヘリで搬送されるも引き返したサインツ

頭部を負傷し大破したマシンの脇に佇むカルロス・サインツ Sr.  (C) A.S.O./E.Vargiolu/DPPI

ここでも不運に見舞われたのは大ベテラン、カルロス・サインツ Sr. (チーム・アウディ・スポーツ)だった。大砂丘の砂の波を飛び越えた瞬間、マシンは正面から砂漠に激突するかたちとなり横転、大破。これで完全にレースから脱落したサインツは一度、ヘリコプターで救出され病院へと向かうが翻意。引き返し、再びマシンに戻ったのは、まさにベテランの意地だろう。本大会2回目となるクラッシュに公式映像のナレーションは「サインツの自動車保険は本大会でだいぶ値上がりしただろう」と皮肉ったが、サインツからすれば大きなお世話に違いない。

Advertisement

このステージを制したのは、世界ラリー選手権(WRC)9連覇の実績を誇るセバスチャン・ローブ(BRX)。スピードには絶対的自信を持つWRCのレジェンドは、この難所を3時間7分24秒で走破し、本大会3度目のステージ優勝をものにした。これによりサスペンション・トラブルで立ち往生となったトヨタのヘンク・ラテガンをついに捉え、ステージ7まで1-2-3-4体制を築いていたトヨタ勢の牙城を崩し、総合3位へと浮上。5ステージを残し、総合1位をひた走るTOYOTA GAZOO Racingのナッサー・アル-アティヤに1時間43分08秒まで迫っている。

■一台、また一台とトヨタ勢を追い落とす王者ローブ

快調に大砂漠を疾走するセバスチャン・ローブのBRX (C) A.S.O./F.Le Floc’h/DPPI

ローブは「おおむね良いステージだった。(常に先行してスタートする)バイクが作った轍が間違っていて、少々タイムロスしたかと思うが、せいぜい5分から7分。難しいコースだったので、もっとロスしてもおかしくなかった」と難所を振り返る余裕を見せた。

Advertisement

ローブに8分58秒遅れの8位フィニッシュしたアル-アティヤは「とにかく1日1日だよ。今日はミスもなくトラブルもなかった。すごい川の連続だったけどね。我々はだいぶアドバンテージがあるので、ミスなく、トラブルなく走り続けるだけだ。今大会、このまま勝てると良いんだが…」と勝利に向けた安全運転について振り返った。

この日のステージで1台もトップ5に入らなかったトヨタ勢は、このままずるずると後退するのか…。ここでメーカーとしてのプライドを見せたいところだ。

ステージ9(11日目)結果

1.SEBASTIEN LOEB(BAHRAIN RAID XTREME) 03H 07′ 24”
2.VAIDOTAS ZALA(TELTONIKA RACING)+ 00′ 57”
3.GUERLAIN CHICHERIT(GCK MOTORSPORT)+ 02′ 08”
4.MATTIAS EKSTROM(TEAM AUDI SPORT)+ 05′ 11”
5.ROMAIN DUMAS(REBELLION RACING)+ 07′ 38”

Advertisement

8.NASSER AL-ATTIYAH(TOYOTA GAZOO RACING)+ 08′ 58”

総合順位

1.NASSER AL-ATTIYAH(TOYOTA GAZOO RACING)34H 19′ 20”
2.LUCAS MORAES(OVERDRIVE RACING)+ 01H 21′ 57”
3.SEBASTIEN LOEB(BAHRAIN RAID XTREME) + 01H 43′ 08”
4.HENK LATEGAN(TOYOTA GAZOO RACING)+ 01H 46′ 23”
5.GINIEL DE VILLIERS(TOYOTA GAZOO RACING)+ 02H 04′ 17”

◆【ダカール・ラリー2023】特集 トヨタが狙う三菱以来となる日本勢連覇 最新ニュース一覧

◆7日目 ペテランセル、サインツのアウディ勢がクラッシュで全滅、トヨタのアル-アティヤが3度目のステージ制覇 

◆レジェンド、ケン・ブロック事故死に世界から哀悼の声 「多大な貢献をした才能」とジェンソン・バトン

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします