鹿島内定の流通経済大柏DF関川郁万が和製セルヒオ・ラモスだと話題に

1月14日、第97回全国高校サッカー選手権大会決勝が埼玉スタジアム2002で行われ、青森山田と流通経済大柏が対戦。

青森山田は2年ぶりの優勝を目指し、また昨年準優勝の流経大柏は11年ぶりの優勝を目指して、決勝へ臨んだ。

Jリーグクラブ加入内定選手が活躍

青森山田はコンサドーレ札幌に内定しているFW檀崎竜孔選手に、流経大柏は鹿島アントラーズに内定しているDF関川郁万選手に注目が集まった。両選手共に、Jリーグクラブ加入が内定している。

試合は前半32分にセットプレーから、関川選手のヘディングシュートで流経大柏が先制。しかし、前半40分には青森山田のエース・檀崎選手が同点ゴールを挙げ、両者ともに自身の価値を証明した。

同点で迎えた後半、青森山田の檀崎選手が再び魅せる。バスケス・バイロン選手の突破からチャンスを作って、ゴール中央へクロスを上げる。このクロスに檀崎選手が合わせ、逆転に成功した。

なんとか追いつきたい流経大柏だったが、後半終了間際に追加点を奪われ、万事休す。3-1で青森山田が勝利し、2大会ぶりの優勝を勝ち取った。

関川郁万が和製セルヒオ・ラモスだと話題に

決勝でも得点を挙げた関川選手は、3回戦の星稜戦、準決勝の瀬戸内戦に続いて今大会3得点をマーク。

DFながら類稀なる得点力を持ち合わせるその姿に、世界最高のCBと呼び声高いレアル・マドリードのセルヒオ・ラモス選手に似ていると話題になっている。

(c)Getty Images

以前はラモスの動画を見ることがルーティーン

点を取って守れるCBを目指していたという関川選手は、以前からラモス選手を意識し、試合前にラモス選手の動画を見ることがルーティーンだったという。

しかし現在はそのルーティーンも止め、とにかくチームを勝たせることを意識しているそうだ。

 

View this post on Instagram

 

今年の冬はいい思い出に

関川郁万さん(@ikumaaaaa__5)がシェアした投稿 –

卒業後は、鹿島アントラーズへと進む関川選手。W杯でも活躍した昌子源選手や、植田直通選手といった屈強なCBを輩出してきたチームだけに、関川選手も日本を代表する選手になる日も近いかもしれない。

≪関連記事≫

内田篤人は清水東高校出身!意外にも高校サッカー選手権の出場経験がない

鹿島DF昌子源、中学時代はガンバジュニアユースで宇佐美貴史らと同期も、中3で一時サッカーを離れる…米子北高校で復活を遂げる

久保建英ってどんな選手?10歳でバルセロナと契約した「和製メッシ」

2022年W杯、4年後の日本代表を背負うのはこの選手たちだ

コメントを残す