早くも3得点!ウズベキスタン代表エルドル・ショムロドフに要注目

ウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ選手が、アジアカップ・グループステージ第2戦終了時点で3得点を挙げる大活躍を見せている。

グループステージ第1戦オマーン戦では、82分から途中出場し、85分にペナルティーエリア左隅から撃ったシュートが見事に決まりゴール。

第2戦トルクメニスタン戦は、スタメンフル出場。24分と42分にカウンター攻撃からのシュートが決まり、1試合で2得点を挙げた。

この活躍を知り、注目している日本代表サポーターも多い。

ロシアのクラブでプレー中

身長190cmで、おもにセンターフォワードとしてプレーするショムロドフ選手。

2011年にウズベキスタンリーグのPFCマシュアル・ムバレクの下部組織に加入し、2014年にトップチームに昇格。2015年から2年に渡って、同リーグのブニョドコルでプレーした。

2017年からは活躍の場をロシアへ移し、ロストフでプレーしている。

2017-2018シーズンは公式戦20試合に出場し、2得点と不本意な結果で終わったショムロドフ選手。2018-2019シーズンは公式戦17試合の出場で2得点を挙げている。

ショムロドフ選手は、ミドルレンジのシュートを積極的に撃つ。

特に、2018-2019シーズンのロストフでのプレーを観てみると、ミドルレンジのシュートを積極的に撃っていることが非常に多い。決定力がある選手ではないが、不意打ちにシュートを撃ってくる点が驚異的だと言える。

そのうえ、縦への抜け出しや相手選手をかわすプレーに長けているので、決定機を作り出しやすくしているのが印象的だ。

インスタには自撮りが多数

自らのインスタグラムを開設しているショムドロフ選手。これまでの投稿は32件で、基本的に自らコメントを添えることはない。

 

View this post on Instagram

 

Eldor Shomurodovさん(@shomurodov.eldor)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Eldor Shomurodovさん(@shomurodov.eldor)がシェアした投稿

定期的に自撮りをアップしており、所属クラブの地元ファンとみられる女性からは「どうしてモデルにならなかったの?」と容姿を絶賛されていた。

代表通算9ゴール中3ゴールが今大会のもの

今大会のウズベキスタン代表メンバーは、2013年や2015年のU-20ワールドカップに出場したメンバーが中心であり、ショムロドフ選手もその一人である。

2015年9月3日にA代表デビューして以降、代表チームにコンスタントに選出されており、24試合の出場で9ゴールを挙げている。この9ゴールのうち、3ゴールが今大会で挙げた得点だ。

急激に得点を重ねているショムロドフ選手は、間違いなく今大会で注目すべきひとりだろう。

≪関連記事≫

オマーンサポーターの応援歌が話題に「気になって仕方ない」「カレー食べたくなってきた」

堂安律と霜降り明星・粗品の顔が似ていると話題!共に関西出身のスーパースターで日本の新エース

堂安律がおばたのお兄さんに似ていると話題に…おばたのお兄さん本人はツイッターでアジアカップ出場を否定

【アジア杯】オマーン戦出場の新成人・堂安律と冨安健洋、成人式欠席理由がカッコよすぎると話題に

堂安律が大阪に凱旋!代表のガンバ3ショットに反響「ただいまパナソニックスタジアム」

アジアカップ日本代表招集の大型DF冨安健洋、名字を間違えると「冨安警察」が出動?

柴崎岳と南野拓実がヒゲを生やす!トルクメニスタン戦のワイルドな風貌が話題に

サッカー日本代表・南野拓実が山崎賢人似のイケメンだと話題に…「端正な顔だけじゃなくプレーもイケメン」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします