【バスケW杯】アジア予選5連勝締め、日本代表は3位で本戦へ 「成長した姿を見せられた」と富樫勇樹

 

日本代表でも存在感を発揮している河村勇輝
日本代表でも存在感を発揮している河村勇輝(写真はFIBAアジアカップ2022時/Getty Images)

バスケットボール男子ワールドカップ・アジア2次予選は26日、群馬県高崎アリーナで日本対バーレンの最終戦が行われ、95-72で快勝。2021年11月から始まった最終予選を22年8月のカザフスタン戦から5連勝とし、7勝5敗のF組3位で8月からフィリピン、インドネシアと共催する本戦へ進む。

◆オールスター2023、最多出場記録更新のレブロン・ジェームズ「試合の神様を欺いたことはない」と偉業の秘密を語る

■「しっかり結果を残す」と富樫

試合後、代表でキャプテンを務める千葉ジェッツふなばしの富樫勇樹は「この2年間、トムさん(トム・ホーバス男子代表監督)のもとでやって来てこの2日間、成長した姿をみなさんに見せられたと思いますし、ワールドカップまであと半年と迫って来てますので、まずこの予選、いい形で追われてよかった」と好結果を振り返った。

(c)Getty Images

また、第4クォーターで同じポイントガード、横浜ビー・コルセアーズの河村勇輝とコートに立った点については「同じポジションで同じコートに立つことはほぼないので、彼が出てきたとき笑ってしまったんですが、同じサイズの2人がコートを走り回るのはバスケットボールの魅力のひとつでもあるので、2人でひっぱっていけたらと思います」と感想を口にした。

母国開催となるW杯について「前回のワールドカップは、僕自身けがで欠場、全敗だったので、いい経験だったという言葉終わることはできないので、しっかり結果を残すために準備していきたい」と意気込みを語った。

また、この試合、代表で自己最多の20得点を記録した名古屋ダイヤモンドドルフィンズの須田侑太郎は「前回のイラン戦からよりよくなろうとチームで話しましたし、インドウ最後の試合でチームとして強く戦えた。トムさんの体制でよくなっているのは実感しているので、Bリーグ再開しても、それぞれやるべきことをやって最高の形で挑みたいと思います」とその決意を示した。

FIBAバスケットボールワールドカップは8月25日に開幕を迎える。

◆オールスター2023、BWBグローバルキャンプに日本から岡田大河が選出

Advertisement


◆「公約に掲げた通り勝てて嬉しい」とキャプテン河村勇輝 オールスターDAY2 

◆第72回オールスター2023特集 軍配が挙がるのはジェームズ組かアデトクンボ組か ダンク・コンテストの日程は…

文●SPREAD編集部