Advertisement

【MLB】藤浪晋太郎、またも大炎上8失点KOで4連敗 マイナー降格の危機か

 

【MLB】藤浪晋太郎、またも大炎上8失点KOで4連敗 マイナー降格の危機か
アスレチックスの藤浪晋太郎(C)ロイター/USA TODAY Sports

オークランド・アスレチックス藤浪晋太郎は22日(日本時間23日)、敵地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に先発登板。しかしわずか2回1/3、72球を投げ7安打で8失点KOで初登板から4連敗となった。防御率は14.40。

◆【実際の映像】この日もピッチング・ニンジャが絶賛した163キロのストレート 光るものは持つのだが…

■15イニングで自責点24

味方に2点先制の援護をもらった後の初回、先頭を四球で歩かせると、2死からアドリス・ガルシアに一発を浴び同点とされた。2回には一挙5点を失い、3回のマウンドでも四球、暴投などで1死しか取れず、マウンドを降ろされた。

藤浪は1日(同2日)のロサンゼルス・エンゼルス戦でメジャーデビューも2回1/3を8失点と大炎上。2戦目8日(同9日)のタンパベイ・レイズ戦は5回途中5四死球と悪い癖が露呈し5失点。15日(同16日)のニューヨーク・メッツ戦は6回を投げ3失点とまずまずながら敗戦投手に。

この日、アスレチックスは後続も打ち込まれ18-3と大敗を喫した。

藤浪はこれまで4試合に先発。15回を投げ被安打19与四球12暴投2自責点24。3本の本塁打と4本の二塁打を許し、防御率は14.40。このままではいくら弱体投手陣とはいえ、メジャーに残るのも苦しい立場となるだろう。

◆藤浪晋太郎、またも大炎上 防御率は17.55で次回登板もピンチか

◆千賀滉大、1失点6奪三振の本拠地デビューで連勝 「ニューヨークは度肝を抜かれた」と公式も絶賛

◆大谷翔平を超える“二刀流”現る 同一試合でサイクル安打とノーヒットノーラン達成

Advertisement


文●SPREAD編集部