Advertisement

【女子ゴルフ】吉田弓美子、川岸史果が首位タイ発進、4打差以内のアンダーパーに39人 パナソニックオープンレディース初日

 

【女子ゴルフ】吉田弓美子、川岸史果が首位タイ発進、4打差以内のアンダーパーに39人 パナソニックオープンレディース初日
吉田弓美子(C)Getty Images

女子ゴルフの国内第9戦・パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント(千葉県・浜野ゴルフクラブ/6656ヤード、パー72)は28日、第1ラウンドが行われ、吉田弓美子川岸史果が通算5アンダーで首位タイ発進した。1打差4アンダー3位タイに、永峰咲希、葭葉ルミ、フェービー・ヤオ(台湾)。4打差以内のアンダーパーに39人がひしめく混戦となった。

◆岩井千怜、安田祐香が前週のリベンジに挑む パナソニックオープンレディース

■吉田と川岸、ともに6年振りの優勝目指す

風とグリーンが選手たちを苦しめ、なかなかスコアが伸びない初日となった。

そんな中、インスタートの吉田は、安定したゴルフで前半を2バーディ、ノーボギーで折り返す。その後、2番から4番まで3連続バーディ、5番パー3で1つ落としたものの、最終9番パー3で取り返し、後半を4バーディ、1ボギーでまとめ、首位に躍り出た。2017年のスタンレーレディス以来、6年振りの8勝目を目指す。

一方、今季ここまで好調を維持している川岸は、前半3バーディ、1ボギー。後半に入って2バーディ、1ボギーで迎えた最終18番パー5で会心のイーグル・フィニッシュを決め、吉田に追いついた。2017年のマンシングウェアレディース以来、6年振りの2勝目を狙う。

また、この日のハイライトとなったのが岩井千怜の18番のプレー。2オンを狙った2打目が池に捕まり、ギャラリーからため息が漏れる。ところが、それもつかの間、池手前からの4打目がピンに当たって、なんとそのままカップイン。岩井本人も驚いて目を見開き、うれしさのあまりエアギターのパフォーマンスを見せ、ギャラリーを大いに沸かせた。

風次第にはなるが、明日以降も混戦が予想される。

■主な上位選手順位

上位選手の主な順位は以下の通り。

1位タイ / 5アンダー / 吉田弓美子、川岸史果
3位タイ / 4アンダー / 永峰咲希、葭葉ルミ、フェービー・ヤオ(台湾)
6位タイ / 3アンダー / 穴井詩、金田久美子、高橋彩華、石井理緒、岩井千怜、木戸愛

Advertisement


堀琴音、三ヶ島かな、吉本ひかる、山内日菜子、神谷そらは2アンダー12位タイ。川﨑春花、吉田優利、岩井明愛、原英莉花は1アンダー23位タイ。菅沼菜々、金澤志奈、ささきしょうこ、安田祐香はイーブンパー40位タイにつけている。

また、鈴木愛、山下美夢有は1オーバー54位タイ。青木瀬令奈、稲見萌寧は3オーバー78位タイ。小祝さくらは4オーバー90位タイ。ディフェンディング・チャンピオン西郷真央は5オーバー100位タイと出遅れた。

◆渋野日向子が「天敵」攻略へ ポアナ芝グリーンと相性最悪もパット向上から活躍の可能性あり

◆蟬川泰河が狙う新人「2勝目」 1イーグル4バーディ2ボギーの”タイガ”チャージで射程圏内 

◆西郷真央の連覇なるか、鍵はパワーヒッターたちとの争い パナソニックオープンレディース

文●河野道久