【RIZIN】初代王者・斎藤裕、平本蓮との熱戦を制し“686日ぶり”涙の勝ち名乗り 「諦めなくてよかった」

 

【RIZIN】初代王者・斎藤裕、平本蓮との熱戦を制し“686日ぶり”涙の勝ち名乗り 「諦めなくてよかった」
(C)RIZIN FF

FEDELTA presents RIZIN LANDMARK 5 in YOYOGI」は29日、国立代々木競技場 第一体育館で開催され、ダブルメインイベントの一つ第8試合「斎藤裕 vs. 平本蓮」は、斎藤が判定2-1で勝利した。

◆【全試合速報中】朝倉未来、牛久絢太郎、斎藤裕、平本蓮参戦「RIZIN LANDMARK 5」全試合結果、中継情報一覧

■両者の一戦は濃密な15分間に

朝倉の首を狙う平本、朝倉にリベンジを誓う斎藤。“次戦”へ向け、負けられない両者の一戦は濃密な15分間だった。

前回の弥益ドミネーター聡志戦と同様、距離を取りながらローキックと正拳突きで狙う平本。しかし、タイミングを合わせて斎藤がタックルで押し込むなど、ストライカーvs.グラップラーの構図で試合は進む。

平本はテイクダウンを奪われるも即座にリカバリー、MMA技術の向上も見られた。

緊迫した5分3ラウンドのゆくえは判定に委ねられ、先に名前を呼ばれたのは「青、平本」、続く判定は「赤、斎藤」、最後は「赤、斎藤」の声が上がり、自分のペースで試合を運んだ斎藤が勝ち名乗りを挙げた。

斎藤は試合後のマイクで「応援ありがとうございました」と会場のファンへ感謝を述べ、その後は声を詰まらせながら「自分自身、諦めなくてよかったな」と声を絞り、頭を下げた。

斎藤は牛久絢太郎、朝倉未来に敗れ、RIZIN3連敗を喫していたが、2021年6月のウガール・ケラモフ戦以来、約2年ぶりの勝利となった。

◆「負けたけど、負けてない」平本蓮、元王者・斎藤裕戦の敗因は「MMAをやりすぎた」

Advertisement


◆朝倉未来、元フェザー級王者・牛久を判定で下し打倒・クレベルへ前進 「また今年中に会いましょう」

◆スダリオ剛、UFC仕込みのMMAファイトで南海の大魔神を“血染め”圧倒 「産まれた子供にかっこいい姿見せられた」

文●SPREAD編集部