Advertisement

【MLB】大谷翔平、今季初の“二刀流アーチ”第8号と5勝目同時達成なるか 「3番DH・投手」でスタメン出場

 

【MLB】大谷翔平、今季初の“二刀流アーチ”第8号と5勝目同時達成なるか 「3番DH・投手」でスタメン出場
エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は9日(日本時間10日)、本拠地で行われるヒューストン・アストロズ戦に「3番DH・投手」で先発出場する。

大谷は前日の同戦では3回の第2打席に右中間を切り裂き、6回の第3打席はあわやホームランという2打席連続タイムリー二塁打を放った。4打数2安打2打点の活躍で打率を.301に上げ、エンゼルスの6-4での勝利に貢献した。

◆【速報】大谷翔平、ベーブ・ルース超えの502奪三振達成 現地アナリストが「あと580本」と本塁打超えも期待

■昨季飛躍を遂げた左腕

相手先発のフランバー・バルデスはメジャー5年目の昨季、初めて開幕投手を務め、17勝6敗、防御率2.82でサイ・ヤング賞5位に入り飛躍を遂げた。今季はここまで7試合に登板し、防御率は2.62ながら2勝4敗と負けが先行している状況。

大谷は前回登板となった3日(同4日)のセントルイス・カージナルス戦は5回までに圧巻の13奪三振でメジャー通算500三振を達成しながらも、4回につかまり計4失点。今季5勝目を逃している。8度目の二刀流先発で、その雪辱を果たしたいところ。

バットでは2試合連続マルチヒットと当たりが復活しつつある大谷。4月30日(同5月1日)のミルウォーキー・ブルワーズ戦以来となる第8号を放ち、自身の今季5勝目に花を添えることができるか。今季初の“二刀流アーチ”に期待がかかる。

■エンゼルスのラインナップ

1番 LF ウォード
2番 CF トラウト
3番 DH 大谷
4番 3B レンドン
5番 RF レンフロー
6番 2B ドルーリー 
7番 1B アーシェラ
8番 C オーキー
9番 SS ネトー
先発投手 大谷翔平

◆【実際の映像】大谷翔平、「ロケットだ」と実況も興奮 177キロのフェンス直撃同点タイムリー二塁打

◆大谷翔平、161キロ弾・177キロ弾のダブル・ダブルでエンゼルス連敗脱出に貢献

Advertisement


◆公式サイトが大谷翔平をア・リーグMVPレースのトップに選出 「序盤だが候補はすでに明白」

試合情報

エンゼルス-アストロズ
5月10日(水)10:38(日本時間)試合開始
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文●SPREAD編集部