谷真海・塚本泰史…骨肉腫を患った後も活躍するアスリートを紹介

骨肉腫を患いながらも、 様々な形で活躍し続けるアスリートがいる。骨肉腫とは、骨のがんのこと。中学生や高校生などが発症することの多い疾患だ。

今回は、谷真海選手塚本泰史選手について紹介したい。

トライアスロン・谷真海

谷選手は、トライアスロンを専門とするパラアスリートだ。以前は走り幅跳びを専門としていたが、東京パラリンピック出場のためトライアスロンへ競技転向した。

谷選手が骨肉腫と診断されたのは2001年。大学生の頃だ。2003年には右足ひざ下を切断し、義足になる。その状況の中、彼女へ希望を与えたのがパラリンピックだったという。

走り幅跳び選手としてパラリンピックに3大会連続出場を果たしている谷選手。日本でも屈指のパラアスリートだが、2019年3月現在は、東京オリンピックでの活躍が厳しい状況となっている。

パラリンピックの場合、それぞれの障害レベルに応じてカテゴリーが細かく設定されている。しかし、競技人口の少なさ故に、谷選手の該当するカテゴリーがの競技実施が見送られたのだ。

その後、谷選手は自身よりも障害が軽い人のカテゴリーに参加することを決断。カテゴリー内では不利な状況が続くが、表彰台に向けて前向きに活動する旨のコメントを残している。

元Jリーガー・塚本泰史

塚本さんは、大学卒業後に大宮アルディージャへ入団したJリーガーだった。

塚本さんの右大腿骨に骨肉腫が見つかったのは2010年。出場機会も増えて今後の活躍が期待されていた2年目のシーズンだった。これにより、ピッチから離れることを余儀なくされた。

その後、塚本さんは2018年の記念OBマッチに出場。大宮アルディージャのOBとしてサポーターに再び勇姿を見せることができた。

2012年には東京マラソンを完走。また、大宮アルディージャのクラブアンバサダーとしても活動しており、病気と戦いながらスポーツの現場で活躍し続けている。

≪関連記事≫

野口啓代・高橋尚子らウーマン・イン・スポーツを受賞!6人それぞれが別のアプローチでスポーツ社会貢献

「自分から教えることはない」田中ウルヴェ京の語る「メンタルトレーニングとは何か?」

メンタルトレーナーとして、コメンテーターとして、母として…田中ウルヴェ京の「考え方」

羽生結弦のスケート靴に高額入札殺到中!3.11チャリティーオークションが今年も大盛況

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします