羽生結弦の背中に見える「謎の棒」…正体はラケット?はたまた魔法のステッキ?

3月18日、フィギュアスケートの羽生結弦選手が羽田空港に到着。2018年11月のロシア杯で右足首を痛めて以来、約120日ぶりに公に姿を現した。

この日、上下黒のシックないでたちで羽田空港の到着ロビーに現れた羽生選手。ケガの影響を感じさせない足取りで通路を歩く姿に多くのファンがホッとしたことだろう。

しかし、一部の注意深いファンの目は、羽生選手が背負った「謎の棒」へ釘付けになった。羽生選手の背負ったリュックサックから、テニスラケットのグリップのようなものが飛び出ていたのである。

この「謎の棒」の正体をめぐっては、ツイッター上でも議論が勃発。

様々な意見が飛び出る中で、現在有力なのは「筋膜リリースに使う棒なのでは?」というものだ。首裏や太もも裏などに当ててマッサージするように使うストレッチ器具だという。

なるほど確かに、柄の部分だけ見るとラケットのグリップのようにも見える。ストレッチ器具だとすれば、アスリートの羽生選手が持ち歩いていたとしても納得だ。

果たして「謎の棒」の正体は何なのか。正しい答えは分からず終いだが、いつか羽生選手の口から語られる日が来るかもしれない……。

≪関連記事≫

羽生結弦ブログの影響で「うちの猫を見せよう」ブーム発生!犬や亀を見せるファンも

羽生結弦、衝撃の18秒間デビュー!ついに「自身が発信するブログ」が開始

羽生結弦が「日本の美しさ」「フィギュアスケートの美」を語る

羽生結弦が“ファンと共に”参加したチャリティーの記録を紐解く

羽生結弦が動画で告知!ANA特設サイトがリニューアル

「羽生結弦は鬼軍曹みたい」ジェイソン・ブラウンのインタビューが話題に

新“羽生結弦ボトル”は「ORIGIN様」!きき湯 スペシャルモデルの発売を発表

一週間の気持ちを羽生結弦が代弁!?オリンピック公式が企画動画を投稿

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします