【アルゼンチン共和国杯/前走ローテ】ヒートオンビートに「0.1.0.24」 “馬券内率62%”該当馬は……

 

【アルゼンチン共和国杯/前走ローテ】ヒートオンビートに「0.1.0.24」 “馬券内率62%”該当馬は……

11月5日に東京競馬場で行われる第61回アルゼンチン共和国杯(GII、芝2500m)のデータを紹介する。

昨年3着で京都大賞典9着から巻き返しを図るヒートオンビート、昨年の2着馬で約11カ月ぶりのレースとなるハーツイストワール、3勝クラスを制して重賞初挑戦のレッドバリエンテチャックネイトらがエントリー。

ここでは過去10年のデータから予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【アルゼンチン共和国杯2023予想/追い切り診断】ゼッフィーロを上回る「S」の最高評価 「まさに本格化、覚醒の時を迎えた」

■狙いは夏を越えて“グンと成長”した4歳馬

過去10年、宝塚記念天皇賞・春ダービーといった春のGI組が好調。ただし、そもそも出走数が少ないので、出走があればしっかりマークしておくべき存在となる。今年のメンバーでこのローテーションで臨めるのはヒュミドールだけ。同馬は天皇賞・春10着からの始動戦。同組は前走の着順に関わらず、当日上位人気に推されていれば好走しやすい。2021年1番人気のオーソリティは1着、20年1番人気のユーキャンスマイルは4着、16年4番人気のアルバートは2着と最低でも掲示板を確保し、2桁人気馬の2頭は大きく負けていた。

・宝塚記念【2.0.0.4】
・六社S【1.2.2.3】
・オールカマー【1.2.1.17】
・天皇賞春【1.1.0.3】
・アイルランドT【1.0.1.4】
・ダービー【1.0.1.1】
・目黒記念【1.0.0.7】
・オクトーバーS【1.0.0.9】
・札幌記念【0.1.1.0】
・京都大賞典【0.1.0.24】
・丹頂S【0.1.0.26】
・ケフェウスS【0.1.0.1】
・札幌日経【0.1.0.2】
・新潟記念【0.0.1.7】
・ムーンライト【0.0.1.2】
・日本海S【0.0.1.0】
・ラジオNIKKEI賞【0.0.1.0】

次点は六社S組。連対率37.5%、複勝率62.5%をマークする。東京2400mで行われるだけあって舞台適性の高さが活きるのだろう。また六社Sを含めた3勝クラス組で見ても、前走2200m以上のレースだった馬に限ると【2.2.4.8】連対率25.0%、複勝率50.0%。距離適性が窺えるローテーションが好材料だ。また5歳馬は【0.1.2.6】と悪くないが、4歳馬は【2.1.2.6】と好成績。これらに該当するレッドバリエンテチャックネイトの勢いには逆らいたくない。

続くのはオールカマー組。複勝率19.0%は若干心許ないが、4歳馬は【1.0.1.2】、単勝回収値122、複勝回収値180と高値安定。一方で5歳馬は【0.1.0.6】、6歳馬も【0.1.0.5】と単複回収値がともに50以下と年長馬が低調となっている。除外対象だが、出走が叶えばゼッフィーロには重めの印が必要か。

Advertisement


■実績上位馬に不安材料

注意しておきたいのは京都大賞典組。当日3番人気以内の馬はいなかったが、それでも【0.1.0.24】複勝率4.0%はいただけない。ヒートオンビートをはじめ、アフリカンゴールドマイネルウィルトスインプレスには厳しいデータだ。

天皇賞・春3着の実績があるテーオーロイヤルや昨年2着のハーツイストワールはジャパンC以来となるレース。GII大将のヒートオンビートは相性の悪いローテと、実績上位馬には不安材料が多い。今年のメンバーなら格より勢いを重視するのが得策かもしれない。

アルゼンチン共和国杯2023 予想コラム一覧

騎手データ

◆【騎手データ】ゼッフィーロのモレイラJ“連対100%”条件合致 前日2桁人気にも馬券内率66.7%の大チャンス到来

追い切り診断

◆【追い切り診断】ゼッフィーロを上回る「S」の最高評価 「まさに本格化、覚醒の時を迎えた」

◆【追い切り診断】ゼッフィーロと同評価「A」は“2桁人気”の爆穴 「馬券圏内突入の可能性」

◆【追い切り診断】ヒートオンビートより高評価の注目馬 「前走以上の着順があって驚けない」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に辛口「B」評価 「ラストはもっと切れて良かったが……」

Advertisement


データ攻略

◆【データ攻略】モレイラ想定の2頭 ゼッフィーロとチャックネイトの「100 or 0%」

◆【データ攻略】「80 or 0%」該当はヒートオンビートと”想定10人気以下”

穴馬予想

◆【穴ライズ】「末脚はヒートオンビートと遜色なし」 想定“10人気”前後の盲点

◆【穴ライズ】「チャックネイトより低評価は妙味」 前日“6人気”前後の刺客

◆【穴ライズ】「ゼッフィーロにも劣らない府中巧者」 単勝オッズ“30倍台”の爆穴

◆【WIN5】メインは想定“2桁”オッズの伏兵含め3頭 大荒れみやこSは「一点突破」

血統予想

◆【血統予想】想定6人気以下に「単回収値300超」 “押さえるべき”激走候補

11/4~5 重賞全頭診断

◆【アルゼンチン共和国杯2023/全頭診断】想定8人気以下に「3.1.1.1」 ”押さえるべき”穴馬候補

◆【みやこS2023/全頭診断】「4.4.0.1」条件発動の想定4人気以下 セラフィックコールに全幅の信頼は……

◆【京王杯2歳S2023/全頭診断】昨年は3連単222万馬券 「3年前の勝ち馬がフラッシュバック」する有力馬

◆【ファンタジーS2023/全頭診断】「経験値も十分で死角の少ない馬」 混戦を断つ軸馬候補

ローテ・脚質など

◆【脚質傾向】ゼッフィーロの取捨は”出走頭数” 今年はハイかスローか

文●SPREAD編集部