【アルゼンチン共和国杯/追い切り診断】ヒートオンビートより高評価の注目馬 「前走以上の着順があって驚けない」

 

【アルゼンチン共和国杯/追い切り診断】ヒートオンビートより高評価の注目馬 「前走以上の着順があって驚けない」

■ゼッフィーロ

【中間調整】3勝クラスで3戦目だった今年3月の御堂筋Sを制してオープン入り。その後メトロポリタンSで3着、目黒記念で4着とさっそくメドを立てている。秋は豪州のメルボルンCが視野に入っていたようだが、僚馬シルヴァーソニックがリタイアした代わりにということか、ゼッフィーロが国内中長距離路線を歩むことに。秋初戦のオールカマーでは鞍上・戸崎騎手に反抗するような素振りを見せつつも最速の末脚を使い、2着タイトルホルダーにクビ差の3着に入った。

◆【アルゼンチン共和国杯2023予想/追い切り診断】ゼッフィーロを上回る「S」の最高評価 「まさに本格化、覚醒の時を迎えた」

オールカマー後は在厩。近3走で賞金加算ができておらず、確実に使える保証はないながらJ.モレイラ騎手を“仮押さえした”状態でアルゼンチン共和国杯に向けて調整が進んでいる。10月9日に坂路15-15をこなし、以降坂路メインの調整でしっかり気配を上昇。1週前のCW併せ馬では追走遅れに終わったが、目標とした相手がマイルCSに向けて調整されている重賞2勝馬ソウルラッシュなら致し方なし。

【最終追い切り】レース当週は東京への輸送を考慮して坂路単走の調整となった。馬場が混雑していたが、リズムを崩さず自分の走りに集中して登坂。ラストに気合いを入れられると首を沈めてしっかり加速できていた。その後、インプレスとの1/2だった抽選を通過。確保していたモレイラ騎手でのゲートインが確定している。

【見解】賞金不足の立場ながら“ベスト条件”と確信した東京芝2500m重賞のここへ向けて、揺るぎのない調整が進んでいる。まだ反応に若干の重さはあり、操縦性にも若さを残すが体のキレそのものは前走からグンと良化した印象。前走以上の着順があって驚けない。

総合評価「A」

アルゼンチン共和国杯2023 予想コラム一覧

騎手データ

◆【騎手データ】ゼッフィーロのモレイラJ“連対100%”条件合致 前日2桁人気にも馬券内率66.7%の大チャンス到来

追い切り診断

◆【追い切り診断】ゼッフィーロを上回る「S」の最高評価 「まさに本格化、覚醒の時を迎えた」

Advertisement


◆【追い切り診断】ゼッフィーロと同評価「A」は“2桁人気”の爆穴 「馬券圏内突入の可能性」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に辛口「B」評価 「ラストはもっと切れて良かったが……」

データ攻略

◆【データ攻略】モレイラ想定の2頭 ゼッフィーロとチャックネイトの「100 or 0%」

◆【データ攻略】「80 or 0%」該当はヒートオンビートと”想定10人気以下”

穴馬予想

◆【WIN5】メインは想定“2桁”オッズの伏兵含め3頭 大荒れみやこSは「一点突破」

血統予想

◆【血統予想】想定6人気以下に「単回収値300超」 “押さえるべき”激走候補

11/4~5 重賞全頭診断

◆【アルゼンチン共和国杯2023/全頭診断】想定8人気以下に「3.1.1.1」 ”押さえるべき”穴馬候補

Advertisement


◆【みやこS2023/全頭診断】「4.4.0.1」条件発動の想定4人気以下 セラフィックコールに全幅の信頼は……

◆【京王杯2歳S2023/全頭診断】昨年は3連単222万馬券 「3年前の勝ち馬がフラッシュバック」する有力馬

◆【ファンタジーS2023/全頭診断】「経験値も十分で死角の少ない馬」 混戦を断つ軸馬候補

ローテ・脚質など

◆【前走ローテ】ヒートオンビートに「0.1.0.24」 “馬券内率62%”該当馬は……

◆【脚質傾向】ゼッフィーロの取捨は”出走頭数” 今年はハイかスローか

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。