Advertisement

【アルゼンチン共和国杯/追い切り診断】人気一角の実績馬に辛口「B」評価 「ラストはもっと切れて良かったが……」

 

【アルゼンチン共和国杯/追い切り診断】人気一角の実績馬に辛口「B」評価 「ラストはもっと切れて良かったが……」

■ヒートオンビート

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

【中間調整】昨年は春の天皇賞で4着、七夕賞2着、そしてアルゼンチン共和国杯で3着など常に重賞で上位進出。なぜか勝利だけが縁遠かった実力馬だが、今年6月の目黒記念で後方から鋭い差し脚を繰り出し、ようやく待望の重賞初勝利を挙げた。夏は休養に入り秋は京都大賞典から。4番人気に支持されたものの、直線でモタれてしまい、さらに挟まれるシーンもあって1秒0差の9着に終わっている。

◆【アルゼンチン共和国杯2023予想/追い切り診断】ヒートオンビートより高評価の注目馬 「前走以上の着順があって驚けない」

その後昨年3着だったアルゼンチン共和国杯に進むのは当初からの予定通り。在厩で調整され、プール調整などを経て10月19日にCW14-14をこなしたのが初時計。26日の1週前追いではアーティット、ユーキャンスマイルと一緒に、同じアルゼンチン共和国杯に出走する“友道三銃士”での併せ馬を行い、先導役を務めたが直線での粘りを欠きそれぞれに遅れ入線となっていた。

【最終追い切り】坂路で単走。負荷は1週前でしっかり掛かっているということか、馬なり調整に留まっている。道中はやや集中できておらず、ラストもそこまで切れず一本調子な走り。それでも踏み込みそのものは力強く、体調面には問題なさそう。

【見解】そこまで派手に動くタイプではないが、前走時の動きは硬さが残るなど明らかに物足りなさがあり、それが直線でモタれ9着と案外な着順に終わった要因だろう。そこを使われ、硬さはいくぶん解消。前走よりはいい状態で走れそうだが、その前走が悪すぎた分、まだ本来の状態に戻り切っていないようだ。最終追いでは脚がしっかり溜まっており、ラストはもっと体を沈めて切れて良かったはずだが1F12秒6止まり。まだ良化途上といった感がある。

総合評価「B」

アルゼンチン共和国杯2023 予想コラム一覧

騎手データ

◆【騎手データ】ゼッフィーロのモレイラJ“連対100%”条件合致 前日2桁人気にも馬券内率66.7%の大チャンス到来

追い切り診断

◆【追い切り診断】ゼッフィーロを上回る「S」の最高評価 「まさに本格化、覚醒の時を迎えた」

Advertisement


◆【追い切り診断】ゼッフィーロと同評価「A」は“2桁人気”の爆穴 「馬券圏内突入の可能性」

◆【追い切り診断】ヒートオンビートより高評価の注目馬 「前走以上の着順があって驚けない」

データ攻略

◆【データ攻略】モレイラ想定の2頭 ゼッフィーロとチャックネイトの「100 or 0%」

◆【データ攻略】「80 or 0%」該当はヒートオンビートと”想定10人気以下”

穴馬予想

◆【穴ライズ】「末脚はヒートオンビートと遜色なし」 想定“10人気”前後の盲点

◆【穴ライズ】「チャックネイトより低評価は妙味」 前日“6人気”前後の刺客

Advertisement


◆【穴ライズ】「ゼッフィーロにも劣らない府中巧者」 単勝オッズ“30倍台”の爆穴

◆【WIN5】メインは想定“2桁”オッズの伏兵含め3頭 大荒れみやこSは「一点突破」

血統予想

◆【血統予想】想定6人気以下に「単回収値300超」 “押さえるべき”激走候補

11/4~5 重賞全頭診断

◆【アルゼンチン共和国杯2023/全頭診断】想定8人気以下に「3.1.1.1」 ”押さえるべき”穴馬候補

◆【みやこS2023/全頭診断】「4.4.0.1」条件発動の想定4人気以下 セラフィックコールに全幅の信頼は……

◆【京王杯2歳S2023/全頭診断】昨年は3連単222万馬券 「3年前の勝ち馬がフラッシュバック」する有力馬

◆【ファンタジーS2023/全頭診断】「経験値も十分で死角の少ない馬」 混戦を断つ軸馬候補

ローテ・脚質など

◆【前走ローテ】ヒートオンビートに「0.1.0.24」 “馬券内率62%”該当馬は……

◆【脚質傾向】ゼッフィーロの取捨は”出走頭数” 今年はハイかスローか

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン