【エリザベス女王杯】“第二のオンナ”に伸るか反るか……牝馬三冠世代に挑んだ3歳牝馬の記憶

 

リバティアイランド/2023年秋華賞
リバティアイランド/2023年秋華賞(C)Eiichi Yamane

第48回エリザベス女王杯(11月12日/GI、京都芝2200m)には、昨年の覇者ジェラルディーナ、府中牝馬S勝ちのディヴィーナら古馬勢に秋華賞3着のハーパー、ローズS2着のブレイディヴェーグら3歳勢が挑む。

今年は牝馬三冠リバティアイランドがジャパンCに参戦の予定。牝馬三冠が不在のエリザベス女王杯の歴史を振り返り、3歳勢の取捨を考察する。

◆【エリザベス女王杯2023特集】予想に役立つ馬券攻略ガイド 本命穴馬予想、追い切り、過去10年データ傾向、予想オッズetc.

■牝馬三冠世代の優勝はわずか1例

秋華賞が創設した1996年以降、牝馬三冠は6頭が誕生した。

このうち、同年のエリザベス女王杯に参戦したのは2頭。2003年のスティルインラブは同世代のライバル、アドマイヤグルーヴにハナ差の2着、10年のアパパネは英国の3歳牝馬スノーフェアリーの3着に敗れた。残り4頭は不出走。今年のリバティアイランドと同じく、ジャパンCに参戦した。

2012年は牝馬三冠ロードでジェンティルドンナの2着続きだったヴィルシーナがエリザベス女王杯に参戦。単勝1.9倍の支持を集めたが、7番人気の5歳牝馬レインボーダリアにクビ差差し切られ、またもや2着と惜敗した。

2017年のアーモンドアイ世代は、秋華賞3着のカンタービレ、紫苑Sを快勝後に秋華賞をパスし挑んだノームコアが参戦。ノームコアは2番人気に支持されたが5着、カンタービレも6着と敗れ、4歳牝馬リスグラシューが戴冠。2着に9番人気の5歳牝馬クロコスミアが前年に続く波乱を演出し、3着は前年覇者のモズカッチャン。ここでも古馬の壁に跳ね返られている。

■リバティアイランドとの「差」を考える

そして、記憶に新しい2020年のデアリングタクト世代も、オークス2着のウインマリリンが秋華賞15着から巻き返すも4着まで。この年は秋華賞3着のソフトフルート、ローズSで重賞2勝を上げていたリアアメリアら5頭がエリザベス女王杯に出走したが、うち4頭は掲示板外。5歳牝馬ラッキーライラックが連覇を達成し、2着も5歳牝馬サラキア、3着に前年3着のラヴズオンリーユーと古馬が独占した。

Advertisement


今年はオークス2着、秋華賞3着のハーパー、ローズSで後に秋華賞2着のマスクトディーヴァに詰め寄った素質馬ブレイディヴェーグの2頭が参戦する。

ハーパーは戦績だけを見れば、アドマイヤグルーヴやヴィルシーナに近い存在だが、この2頭は牝馬三冠馬と接戦を演じた馬たち。オークスはリバティアイランドに6馬身差、秋華賞も3馬身半差は前述2頭と比べ劣る。

ブレイディヴェーグはノームコアと同じ秋華賞をパスした馬。ローズSを制したマスクトディーヴァが後に秋華賞で上がり最速の2着と好走したが、リバティアイランド自身がゴール前は手綱を緩めている。やはり、ここでもリバティアイランドとの差を感じる。

リバティアイランドが牝馬三冠で「1強」を示した現3歳世代。“第二のオンナ”が通用するとすれば、リバティアイランドの実力が想像をはるかに超えるものか、あるいは古馬がだらしないか……しかない。

しかし今年は、前年の覇者ジェラルディーナが駒を進めてきた時点で「古馬の壁」は厚い。

これにヴィクトリアマイル4着から本格化したディヴィーナ、凱旋門賞にも登録したサリエラと、古馬勢にも魅力的な存在は多く、今年も3歳馬の優勝はない、と予想する。

エリザベス女王杯2023 予想コラム一覧

馬券攻略ガイド

◆エリザベス女王杯馬券攻略ガイド 本命穴馬予想、追い切り、過去10年データ傾向、予想オッズetc.

Advertisement


追い切り診断

◆【追い切り診断】ジェラルディーナを上回る「S」の最高評価 「操縦性と精神面はかなりのレベル」

◆【追い切り診断】ジェラルディーナがまさかの……辛口評価「B」 「手を抜くことを覚えてしまったか」

◆【追い切り診断】ブレイディヴェーグに迫る「A」の高評価 「仇敵不在のここでビッグタイトル獲得」

◆【追い切り診断】ハーパーと並ぶ高評価は4歳世代の一角 「充実期の今なら、大駆け注意」

データ攻略

◆【データ攻略】「83 or 0%」該当はハーパーと”単勝10倍超”の穴馬

◆【データ攻略】人気一角は”消し”も……ジェラルディーナの「75 or 0%」

穴馬予想

◆【穴馬アナライズ】「過去10年7勝の4歳馬で、相手に入れたい1頭」 単勝オッズ“2桁”想定

◆【穴馬アナライズ】「サリエラと遜色ないポテンシャルで軽視禁物」 想定“10人気”前後の盲点

◆【穴馬アナライズ】「ディヴィーナが人気なら……この馬も再評価」 前日“8人気”前後の刺客

◆【WIN5予想】メインはディヴィーナと想定“2桁人気”の1頭 オーロCも穴馬2頭で高配当狙い

◆【危険な人気馬】名手×前走好走の3歳一角は“消し” 「8頭中6頭の条件を満たさず」

血統予想

◆【血統予想】GI未勝利馬が単回収値「164」 ラッキーライラックも該当の特注データ

11/11~12 重賞全頭診断

◆【エリザベス女王杯】想定8人気以下に「2.0.1.0」 ”前走は参考外”の穴馬候補

◆【デイリー杯2歳ステークス】「凡走があっても驚けない」想定2人気以内の馬とは

◆【武蔵野ステークス】人気一角に「4.0.0.0」該当も……当日の馬場がカギ

◆【福島記念】軸候補に「3.0.1.1」 雨予報で波乱必至か

枠順・前日オッズ・過去10年データ傾向など

◆【枠順】人気3歳馬に“馬券内率100%” 「回収値140超」の枠に穴馬がイン

◆【前日オッズ】今年は“波乱要素大” 4人気以下の伏兵に勝利のチャンス

◆“ブレイディヴェーグに宿る「クイーンの血」 女王の座に届かなかった母たちの“再戦”

◆“R.ムーア騎手、ムチの使用回数超過処分に不服申立てで「保留」 エリ女のジェラルディーナは騎乗可

◆【全頭プロフィール】連覇狙うジェラルディーナ 「2.0.0.0」の穴馬も虎視眈々

◆【人気傾向】ブレイディヴェーグは“複勝率83.3%”の条件合致か、人気馬ワンツーはわずか1回

◆【脚質傾向】サリエラ、ブレイディヴェーグに”勝機” 京都は瞬発力重視

◆【前走ローテ】ハーパーに「0.0.1.10」 単勝回収値「337」の4歳牝馬とは……

(T.Yamada/SPREAD編集部)