YouTuberデビューの里崎智也、歌う動画をリクエストされまくる

元千葉ロッテマリーンズの里崎智也さんが3月26日に自身のツイッターを更新。YouTuberとしてデビューしたことを報告した。

里崎さんは現役時の2005年に日本シリーズ優勝。2006年にWBCで優勝しベストナインに選ばれるなど、球界を代表する捕手として活躍し、2014年に現役引退している。

以降は野球解説者としてマルチにメディアへ出演。そんな里崎さんのYouTuberデビューには多くのファンが衝撃を受けたことだろう。

衝撃のYouTuberデビューに至るまで

里崎さんはYouTuberとしてデビューすることに「何やってるんだ!」と自らツッコミ。「YouTuberって流行りじゃないですか」と至って単純明快な動機でデビューすることも明かしてくれた。

また、動画内で触れられているように、2019年現在、高木豊さんや中村紀洋さんなど元プロ野球選手がYouTuberとして活動をするケースは多い。これも里崎さんのデビューに影響を与えたようにも感じる。

今後の目標は「億を稼ぐ」

里崎さんは現役時に億単位の給料を稼いでいたプレイヤー。しかし引退して5年目を迎えた現在ではなかなかこの額を稼ぐことは困難だという。

そこで、今回の動画では、YouTuberとして1億円プレイヤーになることを宣言していた。

ファンのリクエストはやっぱり…

里崎さんがデビューを飾った動画には、公開から1日足らずで多くのコメントが寄せられている。特に「〇〇をやってほしい」というリクエストのコメントが多く、里崎さんのYouTuberとしての注目度は高そうだ。

その中でも、里崎さんに「歌を歌う動画を投稿してほしい」といリクエストするコメントが非常に多い。

歌で強烈なインパクトを残した過去も

多くのファンが里崎さんの歌を期待しているのには理由がある。里崎さんは、現役時代からファンサービスでたびたび歌を披露しているためだ。

この様子は度々テレビにも取り上げられ、里崎さんの代名詞として知られている。特に、里崎さんが引退セレモニー後にライブを開催し、ファンに囲まれて熱唱した様子は「伝説」になっていると言ってもいいだろう。

アーティストのライブにもゲストとして出演を果たすなど、
もはやアイドル顔負けの人気だ。

里崎さんが自身のチャンネルに「歌ってみた動画」を投稿する日もそう遠くはないのかもしれない。元野球選手のチャンネルなのに、投稿されている動画はほとんど「歌ってみた動画」……という奇妙な状況いなることも期待してみたいものだ。

≪関連記事≫

高木豊が息子たちと大予想「今年のJリーグは?」「東京五輪は?」

元プロ野球選手って引退後は何をしているの?第二の仕事場で、元選手同士がまさかの再会

引退会見の野獣・松本薫が「美人になった」と話題に!「野獣感が全くない」

吉田沙保里「引退後、いきなりマクドナルドのCEOができるとは…」と感慨深げ

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします