【東京新聞杯/枠順】マスクトディーヴァは「馬券内率1割」の鬼門 想定10人気前後の“穴馬”が脚質マッチの好枠ゲット

 

【東京新聞杯/枠順】マスクトディーヴァは「馬券内率1割」の鬼門 想定10人気前後の“穴馬”が脚質マッチの好枠ゲット
東京新聞杯2024の枠順

JRAは2日、第74回東京新聞杯(GIII、芝1600m)の枠順を発表した。

秋華賞2着のマスクトディーヴァは3枠6番、昨年4着からリベンジを期すジャスティンカフェは4枠7番、NHKマイルC2着から久々のレースとなるウンブライルは5枠9番から発走する。

◆【東京新聞杯2024予想】芸能人・予想家の本命・注目馬予想まとめ 「重賞連勝中!絶好調◎をチェック」

■内枠が優勢

過去10年、3勝2着2回と最多連対数を誇るのが4枠で【3.2.0.14】。2014年のホエールキャプチャ、16年のスマートレイアー、18年のリスグラシューが勝利。偶然だろうが、牝馬が【3.2.0.0】とパーフェクト連対を果たしている。これらを除くと10番人気以下が10頭もいたので、牡馬の凡走は気しなくてよさそうだ。好枠に入ったジャスティンカフェは昨年のような後方一気の競馬ではない限り、勝ち負けのチャンスは十分。

これに続くのが2枠【2.2.0.13】、1枠【2.0.1.13】。距離ロスを抑えてマイペースに運んだ逃げ馬が2勝、道中は内を回って脚をしっかり溜めた差し馬が2勝を飾っている。左回りのマイル戦で崩れないアスクコンナモンダは良い枠をゲットした印象。想定10番人気前後で妙味あり。

一方、7枠【0.1.2.17】、8枠【0.1.2.16】と勝利数ゼロ。3番人気以内で見ても【0.1.2.6】と不振。好走馬6頭中5頭は「初角で半分より前にいた馬」。外枠に入った馬は序盤に脚を使ってでも、ある程度のポジションを取らなければ好走が難しい。

■内枠有利も3枠は鬼門

基本的には内めの枠が有利な傾向にあるが、マスクトディーヴァの3枠は【1.1.0.17】。複勝率10.5%は全枠の中でもっとも成績が悪い。2015年の勝ち馬ヴァンセンヌは3枠から先頭集団を見る形で運び、直線も内から抜け出す競馬、16年2着のエキストラエンドは内を回って先行して粘り込む競馬と、いずれも器用に、スムーズに運べたからこその結果。マスクトディーヴァは豪脚が武器だが、内でジッとして直線で進路を見つけられるかがポイントになるだろう。

ウンブライルが入った5枠は【1.1.2.15】でまずまず。5番人気以内に限れば【1.1.2.2】複勝率66.7%を記録する。人気馬がちゃんと力を発揮できる枠と言えそうで、上位人気が想定されるウンブライルには追い風だ。

Advertisement


東京新聞杯2024 予想コラム一覧

特集・馬券攻略ガイド

◆【特集】「休み明けの牝馬が好成績」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【馬券攻略】芸能人・予想家の本命・注目馬予想まとめ 「重賞連勝中!絶好調◎をチェック」

◆【馬券攻略】「東京芝で激走あり」 単回収値100超え“ベタ買い”推奨の種牡馬たち

騎手データ

◆【騎手データ】「常連ジョッキー忘れてない?」 馬券内率80%超の“親父”に一発の可能性あり

追い切り評価

◆【追い切り診断】マスクトディーヴァを上回る「S」の最高評価 「初戦から文句なしの仕上げ」

◆【追い切り診断】ジャスティンカフェを上回る高評価は4歳牝馬 「ここへ来て体幹が強化」

◆【追い切り診断】実績馬に迫る「A」の高評価は伏兵 「持てるポテンシャルを存分に発揮」

Advertisement


◆【追い切り診断】前走GI好走馬に辛口「B」評価の警鐘 「シャカリキ仕上げの感はない」

データ分析・傾向など

◆【データ攻略】GI連対の4歳馬に「1.2.0.0」 名牝との共通点が“消し厳禁”の選択に

◆【データ攻略】予想単勝オッズ10倍超えに「2.1.0.2」 “カラテ似” ローテで激走警報発令

◆【前走ローテ】ジャスティンカフェに「0.0.0.10」 “馬券内率83.3%”充実5歳馬が人気の盲点か

穴馬予想

◆【WIN5予想】“前走大敗馬”がマスクトディーヴァを破る可能性 きさらぎ賞は想定2桁人気も狙い目

◆【危険な人気馬】前走GI馬券内も“消し”の鬼門 「好走→惨敗のぶっ飛びパターン」

(SPREAD編集部)

【随時更新】函館記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「万馬券必至」荒れる夏のハンデ重賞 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の本命・注目馬予想一覧 先週「重賞W的中」絶好調◎をチェック

◆【高配当メソッド】ホウオウビスケッツら「馬券内率16.7%」該当で“波乱の予感” 4年前は3連単340万の夢馬券も

追い切り評価

◆【追い切り診断】巴賞組の一角に最高評価「S」 心身の充実を「陣営確信」か、中1週でも攻めの姿勢

◆【追い切り診断】想定“10人気”以下に「A」の高評価 稽古で走らないタイプが「珍しいほど気迫十分」

◆【追い切り診断】軽ハンデで“穴人気”に辛口「B」 洋芝に脚を取られた感あり「凡走に終わる」可能性

穴馬予想

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

データ分析・過去10年傾向

◆【枠順】上位人気勢に「0.0.1.28」の最悪データ 内枠有利も、外枠の実績馬は“買い”

◆【データ攻略】サヴォーナとホウオウビスケッツの「66 or 0%」 2頭の片方に“バッサリ消し”が浮上

◆【データ攻略】「3.1.4.0」合致の鉄板級ホース “厚く買える”想定4人気以下に軸馬のススメも

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

◆【血統展望】北の大地で覚醒する「ロベルトの血」 前走度外視可能の“想定7人気以下”は


◆【前走ローテ】巴賞組に「0.0.1.19」の不振データ 天皇賞・春組は「1.1.1.4」も好走は“条件付き”