福原愛の字から見る人柄…代表選手へ直筆メッセージを綴る

4月23日、テレビ東京は、朝日新聞・読売新聞・日本経済新聞・当奥日報(青森)の朝刊に、元卓球選手の福原愛さんによるメッセージ広告を掲載した。

これは、21日から28日までハンガリーのブダペストで開催される「2019世界卓球選手権」の放送にあわせたもの。2018年で現役を引退した福原さんが、世界へ挑む後輩たちを激励するものだ。

「代表選手のみんなへ」から始まるメッセージは、 福原さんが直筆で綴っている

先輩として後輩たちへ語りかける文章だが、非常に優しい印象を受ける。思いやりのこもった文章であることはもちろんだが、やや丸みを帯びた直筆の文字が誠実であたたかな印象を与えるのかもしれない。

「福原さんの書く文字」はちょっと個性的だ。27歳で挑んだリオオリンピックの前には、メダルを取ると宣言した短冊を笹に飾る様子を自身のツイッターで公開している。

丸っこい文字の隣に、得意の中国語で漢文をしたためているあたりのギャップもまた可愛らしい。

2016年に中華民国の卓球選手・江宏傑選手と結婚した福原さん。大会の合間には直筆のノートで江選手相手に「ひらがなのおさらい」をしている様子も見られた。

また、2017年には第一子はあいらちゃんが誕生。生まれて初めて切ったあいらちゃんの爪を保存する様子をツイッターで公開している。

このときの福原さんの字は、普段よりやや直線的。母親としての責任感のあらわれか、記念の爪を残すことに緊張しているのか、やや硬い印象だ。

文字ひとつとっても様々な面を見せてくれる福原さん。激励のメッセージを見た世界卓球出場選手たちは、どんな印象を受けるだろうか。

≪関連記事≫

福原愛がインスタグラムを開設!早くもフォロワー2万人超え

福原愛へのメッセージ動画に羽生結弦も「 “これまで”以上の幸せが訪れますように…」

福原愛、引退……日中での「愛」され方を振り返る

藤井瑞希が福原愛の引退に感慨「愛に出会えて、一緒に頑張れたことを嬉しく思います」

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします