「まだ見ぬ景色を目指して」 千葉ジェッツふなばし・田口成浩の旅は続く

Bリーグ東地区を2年連続でリーグを制覇した、千葉ジェッツふなばし。今シーズン、一人の選手がやってきた。

秋田ノーザンハピネッツで主将も務めた、シューティングガード(SG)の田口成浩(たぐち・しげひろ)選手だ。

バスケットボールは移籍が頻繁に行われるため、移籍自体は特に珍しいことではないが、田口選手は秋田生まれの秋田育ち。大学こそ岩手の富士大学だったがプロ入りしたチームも秋田という”地元の生え抜き選手”だった。

Bリーグ発足初年度、田口選手はオールスターゲームに選出され『スリーポイントコンテスト』で初代チャンピオンに輝くなど個人として活躍はしたものの、チームは不振に苦しみ、東地区最下位でシーズンを終える。

そして、B1リーグ残留を賭けた横浜ビー・コルセアーズとのプレーオフでは、試合時間残り1秒で逆転を許し敗戦。

翌2017-18年シーズン、B2に降格したチームからは、主力級の選手も秋田出身の選手も田口選手を残して抜けてしまった。そんな中で主将として、そして秋田県人としてチームを牽引し、B1への最短昇格を成し遂げる。

View this post on Instagram

念ずれば花ひらく🌸

田口成浩さん(@shige5taguchi)がシェアした投稿 –

そして迎えた2018-19年シーズン。「強豪チームで自分の実力を試したい、強いチームで高みを目指したい」という夢を叶えるため、千葉へやってきたのだ。

辛いことも悔しいこともあったけれど シゲは元気です

撮影=戸嶋ルミ

――千葉ジェッツふなばしに移籍して、一つ目のシーズンが終わろうとしています。環境や心境の変化には、どのようなものがありましたか?

田口選手(以下、敬称略):「千葉(ジェッツふなばし)というチームはBリーグになってから常に上位にいるチームで、天皇杯も連覇しているし、強いチームだということは分かっていた上で秋田から来ました。秋田は初年度こそB1でしたが、入れ替え戦(残留プレーオフ)で負けてB2に降格してしまって。その後B1に再昇格することは出来ましたが、B1の上位チームに勝つにはまだ難しい状況にありました」

すべてがいい経験になったと言える今

田口:「自分の出番がどのくらいあるかわからない状況で(千葉に)来たことで、自分の本当の実力を見定めることが出来たのではないかと思います。今シーズンは辛いことや慣れないこと、悔しいこともありました。自分に起きた出来事の中では、数で言えばもしかしたらマイナスなことの方が多かったかもしれません。でも、天皇杯の三連覇や東地区優勝など、今まで経験できなかったことを経験させてもらえました」

撮影=戸嶋ルミ

田口:「個人的には試合になかなか出してもらえないなど悔しいこともあったけれど、チームとしてはちゃんと結果が出ていて、自分の中でのバスケットの世界が広がったように感じます。勝つためにはどういうことが必要なのか、勉強になりました。このあとも日本一を決める試合が待っているので、今までの学びや経験を生かして、そこで頂点に立つことが出来たらと思います。(日本一になれた時に)どんな気持ちになれるのか、今から楽しみです」

※取材日は2019年4月中旬

環境の変化で楽しみが増えたことも

――千葉に来て、好きな野球を観戦される頻度も増えたようですね

田口:「そうですね、先日もチームメイトのみんなとZOZOマリンスタジアムで野球観戦してきました。千葉に来て、球場が近くにある環境になったので観に行くことが増えました」

――千葉ロッテマリーンズの成田翔選手と親交があるようですが

田口:「成田選手は秋田商業高校時代から応援していたんです。高校野球はいつも県予選の準々決勝くらいから観に行くんですが、成田選手の秋田商業時代も観戦していて、ファンとして応援していました。同じ秋田県人として、いつか会ってみたいなと。成田選手のSNSをフォローしたら返してくれて、そこからDMのやり取りなど始めて親しくなりました。自分も(野球を)観に行くし、バスケも観に来てくれました」

そう、田口選手は大の野球好き……というよりも「野球が好きすぎるプロバスケットボール選手」なのだ。

2018年には、秋田県代表の金足農業高校を応援しに甲子園のアルプススタンドに駆けつけたほど熱の入った応援ぶりは、中継にもバッチリ映り込むほどだった。

田口:「秋田出身の野球選手はみんな応援していますよ。まだ秋田にいた頃に石川雅規選手(東京ヤクルトスワローズ 秋田市出身、秋田商業高校卒)と対談をさせていただく機会があって、そのとき石川さんが”200勝するまで頑張る”という発言をされていて『自分も応援します!』と(伝えました)」

石川選手の奮起に対し、自分も頑張ろう! ではなく、自分も応援します! と言うあたり、プロ野球選手への憧れや心からの尊敬を感じられる。

ちなみに田口選手は明桜高校でバスケを始め、富士大学へ進学している。野球ファンにとってはおなじみの校名ではないだろうか。もちろん母校の”同窓生”の選手の活躍も楽しみにされているようだ。

インタビュー後編では、大好きな野球について語ってもらった。

プロフィール

田口成浩(たぐち・しげひろ)ツイッター インスタグラム

  • 1990年3月25日生まれ、秋田県角館市出身
  • 明桜高校卒業後は富士大学に進学
  • 2016年Bリーグオールスター初代スリーポイントコンテストチャンピオン
  • 勝利時のインタビューはファンと共に「おいさー!」の掛け声で締めるのがお約束

≪写真・文 戸嶋ルミ≫

≪関連記事≫
千葉ジェッツふなばし・西村文男にアニメとゲームを語らせたら案の定ガチ勢だった件

サブカル好きでアパレルも展開 千葉ジェッツふなばし・西村文男が語る愛犬の魅力と千葉グルメ

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします