ゲームを語る宇野昌磨が熱すぎる!「基本、僕は手を抜かない」

5月6日、フィギュアスケーターの宇野昌磨選手が、医療機器メーカー「コラントッテ」の新商品である「TAO ネックレス スリム AURA mini 『SHOMA2019』」の発売記念イベントに出席。

このイベントでのインタビュー動画が、同日に公開されている。

イベントではフィギュアスケートに関する質問も飛び交った一方、宇野選手のゲーム好きな一面についての話題も大いに盛り上がった。

「(弟とは)ゲームの話しかしない」

イベントでは仲のよい4つ年下の弟・樹さんとの関係も話題に。家での樹さんとの会話を聞かれた宇野選手は「ゲームの話しかしない」とまさかのサバサバした関係を明かしてくれた。

さらに、「会話は『ゲームする?しない?』の一言、二言くらい」と答え、とにかく2人でそれぞれゲームに没頭していることを明かしている。

真摯すぎるゲームへの取り組み

ちなみに、「どちらの方がゲームが強い?」という質問については、「基本、僕は手を抜かないんで。4歳も離れていると僕の方がうまかったりするんで」と即答。

さらにゲームの話題から、「『何やってもうまいな』とよく言われるんですけど、(ゲームも)人よりめっちゃやってうまくなっているだけなんで」とシビアな目線で自己批評。

「僕よりうまい人がいるかはわからないんですけど…… 、 努力もせずに『うまい』と言われるとイラっとします!」と、極めて真摯な姿勢でゲームに取り組んでいるであろう熱いコメントを残していた。

ゲームをやりたいがために風呂を切り上げる

ちなみに、宇野選手によると「お風呂に入りながらゲームをしたり、早くゲームをやりたいがために入浴時間が短くなることもある」とのこと。

特にアスリートは、お風呂の時間をリフレッシュのために重要視する人も多いが……。まさかの「ゲームを中心に入浴時間を決める」場合もあることを明かしてくれた。

≪関連記事≫

宇野昌磨、オフシーズン入りでゲーム満喫再開か…神妙な表情も「楽しんでいる顔」

宇野昌磨の前に「ピカチュウの着ぐるみ」で現れると…?実弟が宇野家の日常を報告

宇野昌磨の変顔は「自主規制」?本田真凜・友野一希との3ショット公開

あなたも「宇野昌磨と同じ家紋」かも!?実弟が宇野家の家紋を公開

ジョジョ衣装が“萌え袖”に…宇野昌磨が田中刑事の衣装でエキシビションに登場

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします