Advertisement

【MLB】10戦9敗から再起図るエ軍 大谷翔平の“元相棒”は「自分たちを見極める」指揮官は「利己的になるのを止める」と言及

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】10戦9敗から再起図るエ軍 大谷翔平の“元相棒”は「自分たちを見極める」指揮官は「利己的になるのを止める」と言及
エンゼルスのオハッピー(C)Getty Images

エンゼルスは28日(日本時間29日)、本拠地エンゼルスタジアムでツインズと対戦。5-11で敗れ、4連敗を喫した。

◆「代わりはいない」大谷翔平に、盟友トラウトが胸中を語る……現地記者も指摘「完全に補うことはできない」

■借金は早くも「8」に膨らむ

大谷翔平投手がフリーエージェントでドジャースに移籍。新たなシーズンを迎えているエンゼルスだが、4月は序盤好調も終盤にかけての急失速で、ここ10戦9敗とドロ沼状態に陥っている。

ジェフ・フレッチャー記者が『オレンジ・カウンティ・レジスター』に寄稿した記事では、エンゼルスの現状をレポート。大谷と昨シーズンバッテリーを組んだローガン・オハッピー捕手は「私たちにはやるべきことがたくさんある」と切り出すと、「一歩下がって自分たちがどこにいるのかを本当に見極めて、そこから進んでいく必要がある」と今後を見据える。

また、ロン・ワシントン監督は「チームメートを信じ、利己的になるのを止めること」と現状のチームの改善に取り組んでいくとしている。

借金が早くも8に膨れ上がり、今後が心配されるエンゼルス。ここから長丁場のシーズンで立て直しを図れるか。

◆エ軍指揮官が語る悪夢の“10戦9敗”「崩壊するのを見ている」 急失速で借金8も今後に希望「改善しなければ」

◆止まらないエンゼルスの“急失速” 大谷翔平が移籍、10戦9敗の現状を現地記者酷評「今日の守備は酷かった」

◆今季も長期離脱決定のレンドン「何もうまくいかない」 387億円男が心の叫び「野球が奪われ続けている」

Advertisement