Advertisement

【MLB】ドジャースが打率「.147」“大不振”のアウトマンをマイナー降格 地元メディアは「最大のニュース」と驚きも再起に期待

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

【MLB】ドジャースが打率「.147」“大不振”のアウトマンをマイナー降格 地元メディアは「最大のニュース」と驚きも再起に期待
ドジャースの外野手ジェームズ・アウトマン(C)ロイター

ドジャースは17日(日本時間18日)、ジェームズ・アウトマン外野手がマイナーに降格したと発表した。

◆通算210勝左腕カーショーが投球練習で経過は順調「回復に向けた良い兆候」 復活期待もド軍は「急ぐつもりはない」

■2022年にメジャーデビュー

27歳のアウトマンは、2018年のドラフトでドジャースから7巡目指名されて入団。22年の7月にメジャーデビューを果たすと、23年は151試合に出場し、打率.248、23本塁打、70打点、16盗塁を記録するなどブレイク。今季もさらなる活躍が期待されていた。

しかし、今季はここまで36試合に出場し、打率.147、3本塁打、10打点の大不振。大谷翔平投手やムーキー・ベッツ内野手ら上位打線が猛威を振るうなかで、ドジャース打線の悩みの種となっていた。

地元メディア『ドジャース・ネーション』は、「最大のニュースは昨年のナ・リーグ新人王の準優勝者であるアウトマンの降格」と報じ、「27歳のアウトマンは、MLBレベルでのフルシーズン2年目で苦戦を強いられている」と伝えている。

それでも、「アウトマンは自分のスイングを取り戻すために3Aに帰る」とつづられており、昨年のような状態への復活を目指し、再起を目指すとしている。

なお、ドジャースはマックス・マンシー内野手が右脇腹の痛みのため負傷者リスト(IL)入りしており、打線にテコ入れを図ることになる。

◆メジャー屈指の三塁手アレナド、ドジャース移籍が加速か マンシーのIL入りで「追加の攻撃力が必要」と米メディア

◆ロバーツ監督、大谷翔平の技術が詰まった13号を称賛 「逆方向にスピンをかけて大きな当たりにした」 リーグ単独トップに浮上

Advertisement


◆「脱帽だよ」大谷翔平に“通算5本塁打”のレッズ右腕が苦笑い 打ち取った直球を狙われ「実力を認めるしかない」