【MLB】「早ければ7月復帰も」ド軍に朗報、左腕カーショーのリハビリ順調 「予想よりずっと進んでいる」とロバーツ監督

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】「早ければ7月復帰も」ド軍に朗報、左腕カーショーのリハビリ順調 「予想よりずっと進んでいる」とロバーツ監督
ドジャースのカーショー (C) Getty Images

左肩の手術から復帰を目指すドジャースクレイトン・カーショー投手が13日(日本時間14日)、本拠地ドジャースタジアムで実戦形式の投球練習を行った。経過はすこぶる順調のようで、デーブ・ロバーツ監督は報道陣に対し「予想よりずっと進んでいる」と明かした。

◆【動画アリ】大谷翔平、129メートル17号の“横姿”に注目「ショウヘイ見てごらん」 公式が悠々と一周する別アングルを公開

■「次のステップはリハビリ登板」

米メディア『ドジャース・ネーション』によると、カーショーは球速88マイルから89マイル(約141.6キロから143.2キロ)を計測したとのこと。得意のスライダーやカーブに加え、ツーシームとチェンジアップも投げたという。

カーショーは昨季オフ、左肩の肩甲上腕靭帯と関節包を修復する手術を受けた。当初、本人は7月から8月頃の復帰を目指していると明かしていたが、現時点では予定より順調のようだ。ロバーツ監督によると、カーショウは次回に「リハビリ登板」をすると見られており、感触次第では8月前の復帰も視野に入るとのこと。同記事では、早ければ7月中に復帰できそうだと期待を込めている。

ドジャース先発陣は、トミー・ジョン手術明けのウォーカー・ビューラー投手が7先発で1勝4敗、防御率4.64と本来の投球には及ばず。故障しやすい投手が多いローテーションをカーショーがサポートできれば、ポストシーズンへ向けて最高の補強になる。メジャー通算210勝、レジェンド左腕の帰還が待たれる。

◆ドジャース、トレードで強打の外野手獲得か ターゲットは大谷翔平と本塁打王を争った26歳 米メディアが補強予想

◆大谷翔平が球場の“ゴミを拾う理由”を現地メディアが解説 「誰もが彼から学ぶべきだ」と海外ファン

◆記者席に届いた大谷翔平“17号アーチ”の打球音、ファン熱狂の俯瞰映像が話題 「LAに来たら生で観るのは絶対に外せない」