八村塁、日本人初の快挙を達成にファンも歓喜 NBAドラフト前にも、とある企業から“1位指名”?

6月21日、男子バスケットボール日本代表でゴンザガ大学でプレーする八村塁選手が、快挙を成し遂げた。

NBAドラフトで1巡目指名が濃厚と言われていたなか、見事ワシントン・ウィザーズ(米・ワシントンD.C.)から1巡目指名を獲得したのだ。NBAのドラフト会議で、日本人が1巡目指名を受けるのは初の快挙。

大きな偉業を成し遂げた八村選手の朗報に、多くの日本のファンも喜びを綴っていた。

日清食品からも1位指名?

八村選手は6月19日にも自身のインスタグラムを更新し、日清食品の人気商品・カップヌードルを持った写真を投稿。「ドラフトを待たずして、まさかの日清食品から1位指名が笑」と日清食品のカップヌードルを持ち、笑顔の写真を公開した。

日清食品とグローバルスポンサーシップ契約を締結し、話題のドラフトネタを絡めたユーモアたっぷりなコメントを残している。

日清食品の公式サイトで八村選手は、幼少期からよくカップヌードルを食べていたことを明かした上で、「プロキャリアを始めると同時に日清食品グループのサポートを受けられることは、大変名誉なことです」とコメント。

また、「アメリカで大学生活を過ごしているときも、『カップヌードル』はいつも故郷のことを思い出させてくれました」と、カップヌードルが日本を思い出す味であることも明かしていた。

ウィザーズからも、日清食品からも1位指名を受けた八村選手。強力なサポートも受けながら、今後はNBAの舞台でも活躍する姿を見られるのが楽しみだ。

《関連記事》

八村塁は13歳で「NBAに行く!」と意識した…注目のドラフトまで1ヶ月

麒麟田村がバスケ日本代表のジャイキリに大喜び「日本バスケの夜明け!!」

渡邊雄太、LAで過ごした「濃い」1週間 大谷翔平や八村塁との写真も

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします