ジャイアントキリングを果たしたHonda FC公式ツイッターが思わず動揺「泣きそう」「勝った」

『天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会』の2回戦が7月3日に行われ、札幌厚別競技場にてコンサドーレ札幌Honda FCが対決した。

J1で戦うコンサドーレ札幌が勝利するであろうという大半の予想を裏切り、結果はJFLのHonda FCが4-2で勝利。格上のチームを相手にジャイアントキリングを起こし、多くのサッカーファンに驚きを与えた。

今回大番狂わせを起こしたHonda FCは静岡県浜松市を拠点とするチーム。JFL(1999年から)では8回の優勝を果たし、2016年からは3連覇を成し遂げていた。

ジャイアントキリングに公式「泣きそう」「勝った」

この劇的な快挙に、Honda FCの公式ツイッターも思わず取り乱してしまう。

Honda FCがリードしたまま試合の終盤に差しかかった際には「泣きそう」と一言。

そして、試合終了時には「勝った」と、シンプルに気持ちを表現する。

しかしその数分後には「先程は動揺が隠せず大変失礼しました」と、我に返ったかのように謝罪のツイートをした。

過去のHonda FCの公式ツイッターのツイートを遡っても今回のような一言だけの投稿は見当たらず、最後のツイートで言及しているように、劇的勝利に動揺が隠せなかったのだろう。

製造をしながらサッカーをしています

Honda FCはJリーグに参入するつもりはないようで、アマチュアの最高峰のチームとしてJFLで戦っている。選手たちは仕事をしながらサッカーをし、今回の試合のみでなくリーグ優勝などの功績をおさめている

公式のツイッターでは、一晩明けた4日の朝に「Honda FCはHonda 本田技研工業の公式部です! 車や船外機の製造をしながら サッカーをしています どうぞよしなに」と投稿していた。

天皇杯の醍醐味

Honda FCのみでなく、その他にも各地でジャイアントキリングが起きた。

元サッカー日本代表で、現在は解説を中心に幅広い分野で活躍している戸田和幸さんも「ジャイアントキリングが天皇杯の醍醐味」とツイートしている。

J1の名古屋グランパスは鹿児島県代表の鹿屋体育大学サッカー部に0-3で敗北。J1の湘南ベルマーレは、Honda FCと同様にJFLの舞台で戦うヴィアティン三重に0-4と大差をつけられ敗退となった。

学生やアマチュア、プロの垣根を越えて日本一を決める戦い、それが「天皇杯」だ。2回戦は7月10日にも行われる。また新たな下剋上が見られるのか、はたまたプロの力を見せつけることになるのか。注目が集まる。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします