武藤嘉紀の充実した1日…FC東京メンバーとの食事会からの高地トレーニング

マインツのFW武藤嘉紀選手が5月17日にインスタグラムを更新して、太田宏介選手らFC東京のメンバーとランチを囲んだと報告している。

元チームメイトたちとの食事会に、武藤選手もサングラスの奥の目を細め笑みがこぼれた。

帰国した武藤選手に、フォロワーからも「よっち、お帰りなさい」「お帰りー!WCまであと一歩、がんばれー」「やっぱりかっこいいです」などのコメントが寄せられている。

楽しい時間のあとは代表戦に向けて走り込み

2015年夏にFC東京から、岡崎慎司選手も所属したドイツのマインツへ移籍した武藤選手は、持ち味のスピードやフィジカルの強さを活かしたプレーで、コンスタントに得点を挙げている。

今シーズンもリーグ戦で8ゴールを挙げ、ブンデスリーガでの自己最高を更新した。

来月に迫ったワールドカップ(W杯)ロシア大会での代表入りを目指す武藤選手は、懐かしの面々とのランチを終えると、槙野智章選手も利用している高地トレーニングジムで走り込み(投稿4枚目)。

室内を丸ごと標高3000メートル級の低酸素状態にしてしまう部屋でのトレーニングに、さすがの武藤選手も「かなりキツかった」と疲れた様子だが、「もう一段階コンディションを上げたい!素晴らしい1日でした!」と充実感も得ていた。

18日に発表されたガーナ代表との親善試合メンバーに招集された武藤選手に、「よっちは日本代表には絶対欠かせませんんん!」「セネガルの巨漢DFをデュエルで圧倒出来るのは武藤さんしかいないと思ってます。コンディションを仕上げて頑張って下さい!」と期待が集まっている。

https://spread-sports.jp/archives/1802

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします