宮市亮、酒井高徳との2ショットを公開 「漢気あってかっこいい大先輩です!」

FCザンクト・パウリの宮市亮選手が9月22日にインスタグラムを更新した。今回の投稿では「漢気あってかっこいい大先輩」と尊敬する酒井高徳選手との2ショットを披露している。

腰に両手を添えたポーズでカメラに笑顔を向ける宮市選手。その肩に酒井選手が寄りかかるように腕を置く距離感の近さは、そのまま2人の心の距離を表しているようでもある。

負傷中も気にかけてくれた頼りになる先輩

酒井選手は今夏のヴィッセル神戸移籍まで、ドイツのハンブルガーSVに4シーズン所属していた。

宮市選手が所属するザンクト・パウリはハンブルガーSVと同じハンブルクが本拠地のため、両チームはダービー相手として激しい戦いを繰り広げている。

だがピッチを離れれば異国で戦う日本人同士、支え合うことも多かったようだ。

「ずっとハンブルクでお世話になってた高徳くん!神戸に移籍をして中々会えなくなってしまったけど、怪我の期間も本当に気にかけてくれて本当に助かったなー

たび重なるケガで苦しい時期も長かった宮市選手だが、その期間に受けた先輩からの励ましは力になったようだ。

2人の仲の良さを感じさせる写真やエピソードにファンからもコメントが寄せられている。

  • おふたりとも最高です
  • 素敵なお写真とエピソードですね
  • イケメン、面白い、頼りがいある、良いパパ最高です

≪関連記事≫

宮市亮、京都でチームメイトとオフを満喫…待望される来季の完全復活

まさかの靴が丸かぶり?酒井高徳、南野拓実のファッションに共通点

酒井高徳と伊藤達哉、オフは男2人のイタリア旅行

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします