折茂武彦、今シーズン限りでの引退を決断 Bリーグ最年長の“レジェンド”

Bリーグのレバンガ北海道は9月30日、折茂武彦選手が今季限りでの現役引退を決断したと発表した。

折茂選手は現役最年長の49歳。かつては日本代表としても活躍し、今年1月には日本出身選手初となる通算1万得点も達成した。

現役27シーズン目の『レジェンド』引退を受け、ツイッターでは『折茂』『折茂さん』などのワードがトレンド入り。チーム公式ツイッターにも労いの返信が多く寄せられた。

  • 折茂さん本当にお疲れ様でした!
  • 私含め、折茂さんきっかけでバスケを観に行くようになった人がどれだけいるんだろう…
  • 引退までの今シーズン 心からの感謝と応援を送ります!

富樫勇樹はオールスターゲームでの共演に期待

日本代表の富樫勇樹選手(千葉ジェッツふなばし)もツイッターで折茂選手の引退決断に言及。

レジェンドの引退に触れ、来年1月に北海道で開催予定のオールスターゲームでの共演に期待を寄せた。

≪関連記事≫

バスケ界の”レジェンド”・折茂武彦が48歳に!年齢にちなんで今季の活躍から48シーンを厳選した動画が公開

レバンガ北海道の闘社長・折茂武彦、47歳でもゴールを積み上げ続ける”レジェンド”

富樫勇樹、バスケファン待望の『ユウキ対決』実現 「えー!!!!!!!!!」

富樫勇樹・大塚裕土らがハワイを満喫!アクティブレストを楽しむ

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします