オールブラックス・ハンセンHCが別府警察署の一日署長に 旅行者や市民へ交通安全を啓発

9月26日、ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)のスティーブ・ハンセンヘッドコーチ(HC)が別府警察署の一日署長に就任した。

就任式では「別府市内の交通安全を守る」と意気込み

今回の企画はオールブラックスのスポンサーを務めるAIGジャパン・ホールディングス株式会社の協力のもと行われた。

就任挨拶でハンセンHCは「本日は、別府市で一日警察署長を務めさせていただけることを大変嬉しく思っています」と述べた上で、外国人旅行者と別府市民の円滑なコミュニケーション推進と、別府市の交通安全を守ることに意欲を見せていた。

街中をパトロールしながら交通安全を呼びかけ

一日署長に就任したハンセンHCは街をパトロール。

市内の商店街店舗も回り、⽇本と外国のさまざまな⽂化・ルールの違いを伝えるAIGの制作アイテム『How NOT to Card』『How NOT to Tips in Japan』を配布。旅行者と市民の円滑なコミュニケーションを促した。

「交通安全に必要な知識を家族で一緒に楽しく学ぶことができるオンラインゲーム」としてAIGのグループ企業が開発した『ALL BLACKS 交通安全ゲーム』を活用し、交通安全の啓発も行った。

市民と旅行者の円滑なコミュニケーションの実現へ

今回の企画に協力したAIGジャパン・ホールディングスは、現在開催中のラグビーW杯に合わせて、オールブラックスのメンバーが出演するプロモーション動画も公開。日本の交通ルールについてコミカルな演出で紹介している。

≪関連記事≫

オールブラックスもラグビー日本代表を称賛 「この勝利が日本のラグビーを後押しするかもしれない」

オールブラックスが砂風呂を体験 日本の文化を満喫してリフレッシュ

リッチー・モウンガ、ピアノを弾く和やかな朝 オールブラックスは大分に到着

オールブラックスが東京の街を満喫 ラーメン作りにも挑戦

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします