鈴木啓太、神野大地とのオフショットを公開 「ここから進化していくアスリート」

SAITAMA, JAPAN - JULY 17: Keita Suzuki Reds Legends in action during the Keita Suzuki testimonial match between Reds Legends and Blue Friends at Saitama Stadium on July 17, 2017 in Saitama, Japan. (Photo by Hiroki Watanabe/Getty Images)

10月10日、元サッカー選手で、AuB株式会社CEOの鈴木啓太さんがインスタグラムを更新。

セルソース株式会社CEOの裙本理人さん、セルソース所属で陸上競技選手の神野大地選手とのスリーショットを公開した。

鈴木さんがCEOを務めるAuB株式会社はアスリートの腸内細菌叢研究を行う。神野選手はこの研究に検体提供を行うアスリートの1人。

また鈴木さんは投稿の中で、9月30日に行われた『マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)』の結果にも言及。17位に終わった神野選手について「まだまだここから進化していくアスリート」と期待の言葉を添えた。

引退後は実業家として活躍

18歳の時にJリーガーとしてデビューした鈴木さんは、34歳で引退するまで16年間、浦和レッズ一筋でプレー。

日本代表としても活躍し、献身的なプレースタイルイビチャ・オシム監督(当時監督)から高く評価された。

引退後は実業家として、2016年1月からAuB株式会社の代表取締役に就任。サッカー選手時代の経験も活かしながらアスリートの腸内細菌叢研究に取り組み、今年10月2日には腸内環境を整えるサプリメント『AuB BASE』を発表した。

≪関連記事≫

鈴木啓太が代表を務めるAuB、腸内環境を整えるサプリを発表 研究開発の経緯、コミュニティの設立も

中村匠吾、服部勇馬、設楽悠太らが語る「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」 一般ランナーへのアドバイスも

石川直宏、鈴木啓太、岩政大樹が新幹線で「同級生頑張ろーぜ」

三代目山の神・神野大地がMGCへ自信「自分のコースだったと、最後に勝ったときにそれが言えれば」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします