世界中で盛り上がるラグビー ソフトバンク選手たちがアップに取り入れる

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』の盛り上がりは、他の競技で活躍する選手たちにも届いているようだ。プロ野球の福岡ソフトバンクホークスは、練習前のアップにラグビーを取り入れた

10月15日、球団オフィシャルリポーターの加藤和子さんがその様子をツイッターに公開。多くの反応が寄せられている。

元ラグビー日本代表も感心する運動神経

ソフトバンクはレギュラーシーズン2位からクライマックスシリーズを制し、3年連続でパ・リーグ代表として日本シリーズに進出。セ・リーグからは巨人が勝ち上がっている。

加藤さんは「今日から全体練習」と日本シリーズに向けた練習風景を公開。動画には楕円形のボールを持ち、走りながらパスをする選手たちの姿が。

「日本中…いえ、世界中が熱いラグビーにも少しあやかって(?)、しっかりアップを行いました!」

さすがは運動神経抜群なプロ野球選手たち。慣れないボールでも華麗にパスを繋いでいく。使用しているのがアメフト球ではという指摘もあったが、むしろアメフト球のほうが小さいためコントロールをつけるのが難しいはずと感心する声が挙がった。

元ラグビー日本代表の大西将太郎さんも、加藤さんのツイートを引用する形で「イイね」と返信。続く投稿では「ちょっとスローフォワード(ボールを前方に投げる反則)あるけど みんなすぐ上手くなりそう。さすがプロスポーツ選手」と運動能力の高さに舌を巻いた。

≪関連記事≫

山中亮平、試合後のグラウンドで布巻峻介と 代表入り叶わなかった後輩と喜びを分かち合う

リーチ・マイケル、スコットランド代表ジェイミー・リッチーに模擬刀を贈る 「試合が終わればリスペクトしかない」

野球観戦デビューにもオススメ!鷹の祭典2019 in東京ドームレポ

甲斐拓也・高橋礼、球宴出場の意気込みを語るなか監督の存在に気がつき動揺

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします