山中亮平、試合後のグラウンドで布巻峻介と 代表入り叶わなかった後輩と喜びを分かち合う

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』では10月13日、日本代表がスコットランド代表に勝利し、史上初のベスト8進出を決めた。この快挙にパナソニックワイルドナイツの布巻峻介選手も興奮したようだ。

布巻選手はこの試合をJ SPORTSのゲストとして観戦。しかし試合が終わるとグラウンドに降り、選手たちと喜びを分かち合った

早稲田大学の先輩でもある日本代表の山中亮平選手がツイッターを更新し、布巻選手とのツーショットを掲載。「熱い漢!可愛い後輩です!」と肩を組んだ。

布巻峻介は「誰よりも泣いていた」

今大会の日本代表候補に入っていた布巻選手。しかし最終段階で落選となり、日本ラグビーの新たな歴史が誕生した瞬間をユニフォーム姿で迎えることはできなかった。

それでもグラウンドに降りてきた布巻選手は、「誰よりも泣いていた」と山中選手は綴る。

「6月の宮崎合宿からずっとルーミー(ルームメイト)やった布巻!!ワールドカップ直前でメンバーから外れてしまって悔しいはずなのに試合後にグラウンドに降りてきて誰よりも泣いていた!

布巻選手が見せた涙にファンからも多くのコメントが寄せられている。

  • 解説からグラウンド行っちゃって。 逆に泣けた
  • Jスポーツで見てました 本当にとても嬉しそうでした
  • テレビ画面いっぱいに、メンバーが寄ってきて一番泣いてた布巻選手のシーンにうるうるでした
  • 仕事放棄と皆さんが笑って許してましたね。泣いている布巻選手、カッコいいです

≪関連記事≫

稲垣啓太が代表初トライ 試合後は被災地への思い語る「ラグビーで元気を取り戻していただきたい」

スコットランド戦POMは福岡堅樹!プレゼンターは大坂なおみ 錦織圭も応援

山中亮平、サモア代表ナナイウィリアムズと5年後にW杯の舞台で再会 「同じポジションで試合するなんて」

試合中止のカナダ代表が釜石でボランティア活動 ナミビア代表もファンと交流会

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします